岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

某エステサロン様にて・・・緩めるだけではいけません!

 


『骨盤調整』

 

または、

 

『骨盤矯正』

 

この“言葉”に心動かされる女性も多いですよね。

 

ある岩手県内の某エステサロンさまのSNSの投稿で

 

『骨盤調整』で美尻に!

 

さらに

 

ウエストも“美しいクビレ”が出現!

 

みたいなのを見つけました。

 

更には、

 

『鍛える』

 

だけではいけません!のフレーズも。
(ここでは“鍛える”=“トレーニング”と捉えさせていただきます)

 

 

カラダを変える!

 

ってそんな単純なものではないと思ったので

 

『骨盤調整』に興味がある“あなた”は参考にしていただけましたらと思います。

 

 

どうやらそのエステサロンさまは、

 

骨盤調整→腰、お尻、脚を緩めて整える

 

固まった筋肉を緩めることが美尻の秘訣!

 

みたいに宣伝しておりました。

 

では、

本当に緩めるだけで『美尻』が出来るのか??

 

 

プリッとしたお尻を作るためには、
股関節周辺にある筋肉へのアプローチは必須になります。

↑股間節周辺にある上のような筋肉群に対してのアプローチは必須です!

 

 

確かに凝り固まったお尻周りの筋肉は緩めることも必要かもしれません。

 

しかしながら『股関節』は他の関節と違う特性があり

 

“中”は関節を安定させる

 

“外”は関節の動きをつける

 

と異なった2つの働きが必要です。

 


(上の写真のように股関節は形成されています)

 

その某エステサロン様が訴えているような

 

ただ緩めるだけでは、

 

“だるんだるん”のお尻にしかならず

 

プリッと上がった美尻にはなりません!

 

 

さらに後ろに下がった骨盤を起こすことで、

その瞬間はお尻が上がったように

見えるかもしれませんが、

 

時間が経てば骨盤の位置は間違いなく元の状態に戻ります。

 

 

ですので、

骨盤を調整してその周りの筋肉を緩めるだけでは

 

“美尻”

 

 

は絶対に出来上がりません!! 

 

 

さらにその某エステサロンさま曰く、

広がって寝そべった骨盤が内側にキュッと立ち上がるから

 

ウエストにキレイなクビレが現れる!

 

とのこと。

 

 

人間は、

 

二足直立歩行

 

の生き物であります。

寝そべった骨盤(骨盤が後ろに下がった状態のことだと思いますが)の場合、

バランスをとるために

 

骨盤は後ろへ→肩と首は前に

 

行くことになります。(↓この写真の女性のように)

 

この状態の場合、

 

上部肋骨は閉じてしまい

逆に下部肋骨は広がってしまいます。
(下の図の右側の女性の状態)

 

そこで『骨盤調整』によって骨盤を起こし(前傾させ)ます。

↑写真はイメージです。

 

骨盤前傾→肩が開く

ことで上部肋骨が広がり下部肋骨は閉じる
(上の図の左側の女性の状態)

結果、

 

ウエストラインにはキレイなクビレが出現!

 

と簡単にはいきません(笑)

 

 

この場合においても、

支える筋肉(骨盤周りさらにお腹周り)を鍛えなければ、間違いなく元の位置に戻るでしょう。

 

もう一つ付け加えるならば、

骨盤をおこしても、胸部の背骨(胸椎)の部分にしっかりとした可動がなければ

代償動作として、腰部の背骨(腰椎)の部分で身体を反って起こすため

肋骨が広がりキレイなクビレが出来ないどころか、

 

『腰痛』

 

を引き起こすことも考えられます。

 

 

と言う訳でまとめますと、

 

『骨盤調整』

 

または

 

『骨盤矯正』

 

をする

 

更には筋肉を緩める

だけでは
 
“美尻”や“美クビレ”は作れません!!

 

“人間のカラダ”ってそんな単純じゃありませんよね(笑)

 

 

更に言えば、

『骨盤が歪む』

ってことにも少し言及したいと思いますが、
長くなるんでやめときます(笑)

 

長々と書いてみましたが、結局何が言いたいのか?と言いますと、

 

キレイなカラダを作るのに

 

一回だけの施術

 

または

 

一回だけのトレーニングでは無理!

 

ってことなんですよ!

 

 

ご理解いただけましたでしょうか?

 

ボディメイク    コメント:0

8月、新規モニター募集開始です!

 


トレーニングはしてるけど、どこをどう鍛えて良いか分からない

 

あなたは、

そんなお悩み抱えてませんか?

 

 

 

先日、あるトレーニングスタジオのサイトで見つけた

 

パーフェクトボディを目指せます!

 

の文言。

 

 

一体、パーフェクトボディってどんなボディ?

 

曖昧ですよね?

 

きっとそのトレーニングスタジオのトレーナーも答えられないと思います。

 

 

ただ筋トレして鍛えていれば、美しいカラダが作られる!

 

と言う幻想。

 

 

もうそんな考えはやめませんか?

 

 

 

当スタジオでは、トレーニング開始前(実際には体験トレーニング時)にお客様の実際のカラダのサイズを計測させていただき、導入している

『体型分類メソッド』に当てはめることにより、今後のトレーニングメニューを明確化して行きます。

 

 

ここで体型分類メソッドとは?

 

「体幹の長さ(縦幅)に対する、骨盤・胸郭・ウエストの幅(横幅)の比率」や

「身長に対する周囲径や横幅の比率」などの各パーツの比率により

『生まれ持った骨格体型』を把握するスキル。

 

このスキルを得ることにより、「理想とする体型」と「生まれ持った体型」が一致しているのかの確認ができ、パーツ別に「あと何センチ細くするべきか?何センチボリュームを付けるべきか?」の判断が数値的に出来るようになる。

 

また、体型別のよくある悩みのパターンを知ることにより、

クライアントに対する的確なアドバイスができ、明確なボディメイク戦略が取れるようになる。

 

 

 

そこで・・・

 

8月~

 

2名さまに限り

 

上記のボディメイク戦略に基づいた

 

ボディメイクモニター

 

を募集いたします。

 

また、食事についても科学的に証明された内容、身体の本質に基づいた指導をさせて頂きます。

 

 

 

 

*モニター様採用には条件がございます。

 

必ず週一回のトレーニングを守れる方、

食事についても妥協せず、守られる方

約束の時間をしっかり守れる方

 

に限ります!

 

この条件をお守り出来ない方は、お断りさせて頂きます。

 

さらにモニター様には、ブログやホームページで使用する写真の提供をして頂きます。

 

 

ご希望の方はホームページの内容を熟読の上、お問い合わせください!

 

 

モニター料金は、

 

入会金 10,800円

セッション料金75,600円(12セッション)

 

とさせて頂きます。

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

モニター募集!    コメント:0

美しいカラダ作りは全身を見て!

 


時間のないあなたに!

 

15分間、気になる部位ワンパーツのみのトレーニング!

 

 

↑以上のような広告を目にしました。

 

 

 

その施設は当スタジオでも用いている

 

『加圧トレーニング』

 

を用いた施設でありました。

 

 

 

多分、

 

二の腕のプルプルを改善なら腕のみのトレーニング

 

脚が太い!を改善なら脚のみのトレーニング

 

と言うメニューになるんだろうと想像がつきます。

 

 

 

ここで言いたい!

 

人間のカラダは、

 

そんなに単純じゃないですよー!

 

 

まずは骨格ラインをみてどこが問題なのかを見極めないと!

 

って思います。

 

 

 

 

最近、私が指導していて感じることは・・・

 

首の歪み、顔の歪みが起こしているカラダの不具合

 

そして、骨格ラインの歪み

 

が多いと言うこと。

 

 

人間の頭は、体重の10%くらいの重さって言われますが、

 

だいたい6~7キロくらいの重さがあると仮定します。

 

 

想像してみてください!

 

6キロの頭を細い首の骨で支える負担を・・・

 

 

なんか歪みが多いのも理解できますよね?

 

 

 

人間って、目の高さを水平にしようとする性質があるのをご存じの方も多いと思います。

 

 

例えば・・・

 

頭のラインがどちらかに傾いていたら本当は目の高さは変わってきますよね?

しかしながら、

 

そんなことはさせない!

 

と他のカラダの部位を傾かせる(歪ませる)ことによって水平を保つのです。

 

そうなると・・・

 

腰痛などの原因は実は『首(頸椎)の歪み』なんてことも起きてくるわけです。

(そうなると・・・整骨院などで痛みのある部位にだけ電気をあてるような治療はどうなのか?は分かりますよね)

 

 

話がそれました(笑)

 

 

首の歪みを例にしてみましたが、

 

ボディメイク→美しいカラダ

 

と定義するならば、

 

骨格が歪んだカラダは決して美しいカラダには該当しませんよね?

 

 

そう考えると、

 

気になる部位を

 

一カ所だけ頑張って鍛えること

 

が美しいカラダ作りとは言いがたいかなと。

 

 

 

ただし、

 

骨格に歪みのないカラダの方がいらっしゃるのであれば、その考えは正しいことと言えますが・・・

 

 

 

 

 

筋肉を鍛えることが美しいカラダに直結するわけではありませんからね~!

 

 

 

美脚になりたいからといって脚のトレーニングだけしたら太くなるだけですし・・・

 

股間節の歪みがあれば尚更ですし・・・

 

 

くれぐれも、

 

『短時間で理想のボディラインが叶えられます!』

 

みたいな

 

誇大広告に騙されないように!

 

ですね。

 

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました!

 

 

 

 

 

ボディメイク    コメント:0

一関市在住、30代女性M.M様のお客様の声

 


 

Q1.トレーニングを始めようと思ったきっかけはなんですか?

 

『脱おばさん体型。あと少しで40歳になるので頑張ってみようと。妊婦にまちがわれてしまい、悲しかったから。ライザップでみごとにリバウンド。食事制限ではなく、筋肉をつけたかった。』

 

 

Q2.トレーニングを行ってどんな良い変化がありましたか?

 

『姿勢がよくなって肩こりや腰痛がよくなりました。ウエストラインが少しだけ出てきた。』

 

 

Q3.パーソナルトレーナーをつけて良かった点はなんですか?

 

『フォームが悪いときは、すぐになおしてくれる。不調なところをすぐに、よくしてくれる。』

 

 

Q4.数あるトレーニング施設の中で当スタジオを選んだ理由は何ですか?

 

『今はやりの糖質制限ではなかったところ。体重よりも見た目、体のラインで評価しているところ』

 

 

Q5.これからパーソナルトレーニングを受けられる皆様に成果を出すためのアドバイスをお願いします。

 

『トレーナーを信じて通い続ければ結果はついてくると思います。』

 

 

お客様の声    コメント:0

なぜパーソナルトレーニングなのか?

 


“団体レッスンはしないのですか?”

↑良く聞かれます。

 

以前は団体レッスンをやっていた時期もありました。

しかし、これからは団体レッスンはやらないつもりです。

 

簡単に言いますと、

団体レッスンで思うような結果をなかなか出せないのはなぜなんだろう?

って悩んだとき、

やっぱり人間のカラダを変化させるには、

 

一対一のパーソナルトレーニングでなければ厳しい!

 

って強く感じたから。

 

 

では、

 

なぜ“一対一”のパーソナルトレーニングが大切なのか?

 

ワタクシの本心を書いてみたいと思います。

お客様の“お身体”は“十人十色”

当たり前ですが、お一人お一人違いがあります。

ですので、全ての方が同じ運動が出来るとは限りません。

ちなみにこの写真↓

ある“ヨガのレッスン”画像です。

 

一番前で頑張っている女性とその他の女性では、明らかにカラダの反り具合(背骨の伸展)に違いがあります。

 

で、
一番左側の黒のウェアの方は、
膝が内側に入って上半身は右側に倒れそうなのを、左のお腹の筋肉で踏ん張って支えているようにもみえます。

 

一番右側の白のウェアの方は、股関節の伸展(脚を後側に伸ばすこと)が苦手?みたいです。

 

もしかしたら、
一番前の女性に関しては、腰椎(背骨の腰の部分)が正常な可動域を超えてしまっているのかもしれません。
(実際は違うかもしれませんが)

 

この一枚の写真をみるだけでも上のようにお一人お一人違いがあるのです。

 

 

 

次に・・・

“あなた“もご存知とは思いますが、

人間の背骨はこんな感じになってます↓

レントゲンで見るとこんな感じ↓


そして、
正常な背骨の反り(伸展域)には、指標としてこれぐらいの可動があると言われています↓

 

例えばまた先程の写真。

背骨の一部が歪んでいて正常な可動がない人が、一番前の人のように

 

“無理矢理”反ってしまうことはどうなのでしょうか?

 

 

ではちょっとだけ専門知識…
 
人間の関節には“靭帯”が付着しています(よく巷では“スジ”といわれるやつ)

靭帯とは?
靭帯(じんたい、羅: ligamentum; 英: ligament)は、強靭な結合組織の短い束で、骨と骨を繋ぎ関節を形作る。主成分は長いコラーゲンの繊維である。靭帯には関節の可動域を制限する働きもある。なお、骨と骨格筋を繋ぐのは靱帯ではなく腱である。なお、靭帯に関する学問は「靭帯学」(syndesmology)である。
関節包靭帯は関節包の一部となって関節を包み、機械的な強度を増すのに役立っている。関節包外靭帯は骨と骨の剥離を防ぎ、関節を安定させる役割を持っている。
靭帯には若干の弾性があり、張力がかかると次第に伸びていく。脱臼した場合、できるだけ早期に整復する必要があるのは、一つにはこのためである。治療が遅れると靭帯が伸び過ぎ、関節の強度が落ち、習慣的な脱臼の元になる。
↑ウィキペディアより抜粋

 

 

動いてない関節の代償で違う関節が“過剰”に動いたとしたらどうでしょう…

おそらく、

 

正常な靭帯は伸びてしまい

 

“組織の破壊”

 

という切ない結末を予想できるのではないでしょうか?

 

こんなことが起きてしまっては大変です!!

 

 

(例えて言うなら、放課後の掃除をサボっている奴がいて、真面目な人が毎日毎日二人分働いて、最後はイライラ、ストレスが大爆発して壊れて暴力ふるってしまうみたいな…)

 

 

 

 

 

結論として・・・

 

ワタクシの考えでは、

 

団体レッスンでは、お一人お一人のカラダのクセを見抜いて改善するのは

“不可能”

かなって(少なくとも今のワタクシでは)

 

 

これが、
ワタクシが団体レッスンをせずに、

 

一対一でお客様と向き合う

 

“パーソナルトレーニング”

 

を選んで指導させていただいている理由なんです。

 

なんとなく、ご理解いただけましたでしょうか?

 

パーソナルトレーナーになった理由    コメント:0

こんな理由で”身体の本質”学びはじめました

 


『信じて食べて良かった!』

 

最近、お客様に言われて嬉しかったお言葉。

 

 

 

“健康的に”体脂肪を減らすためには“白米”などのブドウ糖摂取は必須。

↑これはワタクシの揺るぎない信念であります。

 

 

最初は“半信半疑”でご飯を食べ始めるお客様がほとんど。

 

結果は…

 

いつの間にか体脂肪率は減っていました

 

が冒頭のお客様の感想であります。

 

 

 

 

現在、ワタクシ

 

“ライナス·ポーリング”博士

 

が提唱した

 

“分子矯正栄養学”

 

に基づいた栄養の勉強をしております。

 

 

最近さらなる知見を深めるために、
“三石巌”先生の書籍を読んでおりました。

↑約1ヶ月間で購入した“三石巌”先生の書籍

 

 

本当に勉強になります!

 

 

ここで、

ワタクシが何故この栄養の勉強を始めたかと言いますと…

 

かれこれ、4年以上前の話になります。

 

ワタクシの家族が“癌”を患いました。

 

病院のベッドに横たわる“家族”の姿をみて、悲しくて悲しくて…

 

でも何も出来ない自分がそこにいて…

 

今までの人生で初めて味わった感情でした。

 

 

その約一年後、

以前大変お世話になった方から

 

“癌”を患った

 

と報告を受けました。

 

その時は“抗がん剤”の“怖さ”も知っておりましたし、

 

何よりご本人が“不安”でいっぱいのご様子でしたから

 

何とか出来ないものか⁇

 

と自問自答しておりました。

 

 

この2件の“癌”と向き合ったことがキッカケになり、ワタクシの

 

“身体の本質”

 

“本物の『栄養』”

 

の勉強が始まりました。

 

 

 

しかし…

いっぱいいっぱい勉強して

 

何とかして助けてあげたい

 

と思い行動しましたが、

結局はご本人に信じてもらうことが出来ず助けてあげたいと言う“願い”は叶いませんでした。

 

その時の“悔しい”思いがワタクシの今の

 

 

“糧”

 

 

となっているのは言うまでもありません。

 

 

あれから3年以上の月日が流れました。

あの時“癌”と言う病気には全く対応出来ませんでしたが、

勉強してきたことを生かすことで、たくさんのお客様の

 

身体の不調を改善

 

することが出来るようになりました。

 

ですから今は、

 

あの時感じた“悔しさ”や“虚しさ”は無駄ではなかった!

 

って思えるようになったんです。

 

 

人生ってその時は

 

“ツライ”ことや“無駄だった”

 

って思うことでも、あとになれば

 

“良い経験だった”

 

になることが多いような気がしてます。

 

 

 

“全てを肯定して生きてください!” 

 

ワタクシの“師匠”の言葉であります。

正しくその通りなのかなと…

 

 

今の仕事や家庭でツライこと、苦しいこといっぱいあっても

 

“人生に無駄はない”

 

そう思って生きて行きたいものです。

 

きっと“あなたの未来には

 

”何かの(誰かの)”役に立っているはずですから。

 

食事と栄養    コメント:0

スタジオ開店から6周年・・なぜパーソナルトレーナーの道を選んだのか?

 


先週末からの“別府”研修の旅。

移動時間は“意外と短いなぁー”と思っていたら
“福岡空港”でまさかの“オチ”が…

2時間以上の遅延。
更にドアのトラブルで+30分の延長。

先日の名古屋同様、フリーの時間をたくさん提供していただきました(笑)

 

考えていたのは

 

“トレーナー始めた理由ってなんだっけ?”

 

みたいなこと。

スゴーく“長い”回想になりますので、お付き合いしていただけたら嬉しいです。

ワタクシ…

入学した高校は県内でも屈指の進学校でございました(確か当時、学力は岩手県で三番目)

 

しかし、

中学のころ全く大学に進学など興味もなく、

 

“商業高校に入って卒業したらどっか岩手の企業に就職して働こう”

 

くらいに考えておりました。

 

が、ここでワタクシの親が登場。

 

『○○高校に行きなさい!』

 

『オトコは進学しなきゃダメだ』

 

更には、

 

『高校生になったら何も口出ししないから』って。

 

 

商業高校行くって友達にも約束してたし、

 

今更なぁー

 

と思いながらも結局

 

どっちでもいいや

 

になって○○高校に希望を変えたんです。(当時は親の言うこと聞いてたんですね。ちなみにワタクシ、結婚する時も今の仕事始める時も親には事後報告でしたが、笑)

 

でも希望校変えてからは必死に勉強しましたよ!!
(最終的には成績は一番になりましたけど)

 

いざ高校進学。

 

親からは

 

『もう何も言わない!』

 

って言われたんで、高校入ってからは勉強することを諦めました。(中学と比べられないくらい難しかったし、進むのがメチャメチャ早かった)

 

高校入って一発目のテストが見事

 

“下から二番目”

 

中学に一番とって高校一発目が下から二番目(どうせなら下から一番でよかったけど)

 

ここから勉強が全く分からない“暗黒”の高校時代が始まって…

 

部活もやってたけど、高校最後の大会は一回戦負けでした(新聞に○○高校敗れる!って見出が)

 

何もかもが中途半端で、みんな大学進学してるのに確かクラスでは自分だけが専門学校に行くことになりました。

 

特にやりたいこともないけど、大した実績もないから試験が書類審査だけの札幌にある“体育”の専門学校を選んだんです。(今思えばここがトレーナーになる始まりでしたね)

 

 

専門学校もテキトーに卒業して、スポーツ指導者の資格も取得したんですが特にやりたいわけでもなく、岩手に帰ってきて“求人票”がたまたま来てた会社に入社しました。(本当に中身のないダメダメな人間でしたね)

 

 

ワタクシ、20代は本当にトンガってて、サラリーマンによくある上司に

 

“愛想振りまく”

 

なんて出来るはずもなく、

間違いなく上には

 

“嫌われて”

 

ました。

 

 

それから入社して4年…20代半ばのことでした。

 

やりたいことが見つかったんです。

 

 

職種は“カイロプラクティック”

 

カッコ良く言えば

 

“治療家”

 

です。

 

 

当時の上司に

 

“会社辞めます!”

 

“独立します!”

 

って言って

 

その道に突き進み始めたんですが、
ここで家族からの大反対。

 

そして諦めるという最悪の結果に・・・

 

結局、会社に戻り謝罪。

部署移動と降格処分で上司が年下。

 

まぁ辛かったですね。
(後にこの経験が今の独立の後押ししてくれたのは間違いないです)

 

更には、当時公園で何人かの人たちと花見してたら“チンピラ”にからまれてしまって…

 

なんかボロボロの毎日でしたね。

 

その出来事がメチャメチャ悔しくて、何人相手でも助けてあげられるくらい強くなりたいと思い翌日

 

“空手道場”

 

に入会したんです(それくらい悔しかった)

 

 

 

月日が流れ30歳の自分。

 

仕事は相変わらず上からの

 

“嫌われ者“

 

でしたが

 

自分の業績は好調で表彰もされていました。(偉そーにしてタバコばっか吸ってる会社のクソ親父どもが本当に嫌いでしたね)

 

更には、5年前始めた

 

“空手道”競技にて

“岩手県選手権大会『優勝』”
(この奇跡的な優勝がスポーツの世界で生きる後押しをしたのは間違いありません)

何故か変な達成感を覚えて、その後すぐ会社辞めました。

 

 

仕事と趣味両立したんだから何処でもやって行けるだろう!って(笑)

 

 

考え甘かったですけどね(子供三人いましたし)

 

 

でもって、今の仕事始める前に入社した会社。

 

以前の会社であんなに上司に嫌われてた自分が

 

“まさかの”出世街道に。

 

だって入社したときの先輩が辞めるときみんな部下になってましたから。

 

でもって、

その会社に在籍中にあった最大の出来事

 

“東日本大震災”

 

あの出来事が自分を大きく変えてしまいましたね。

 

自分の人生においてあんなにも残酷な風景を目の当たりにすることがあるとは…

 

一度しかない人生、折角この世に生を与えられているのだから

 

“やりたいことやって生きて行こう!”

 

そう誓いました。

 

 

でも自分がやりたいことって?

 

体育の学校出て、スポーツ指導者の資格はある。

運動は好き。

トレーニングも当時、家の中でひたすら頑張ってやってました。
仕事が運動指導者でもないのに加圧トレーニングの資格を取得(資格取得費〇〇万円)
加圧トレーニングはマンツーマンでしか指導出来ない。

 

人と関わるのは好き。
でも大人数の中は嫌い。
団体行動がメチャメチャ苦手。

 

そうなると…

 

“パーソナルトレーナー”

 

しかない!

これが始まり。

 

では何故“女性”を指導してるのかって?

 

ワタクシ、

三人兄弟で末っ子、上は姉二人。
子供が三人。全部女の子。

仕事は、パートのおばちゃん(女性)を相手にすることが多かった。

 

 

思えば周りがほとんど女性だら(笑)

 

 

 

男性は上から目線や自分に張り合ってぶつかってくるヤツが多いから嫌い。

 

会社員の頃、偉そうな親父たちが嫌いだったのも理由の一つ。

もうこうなったら女性の指導しかないですからね(笑)

 

 

初めてパーソナルトレーニングの指導したのも女性でしたし、

その女性のこと初めてのお客様と言うこともあり、本当に大切に思ってましたから…

 

その女性のお悩みが

 

“脚の太さ”

 

そして

 

“お腹のプヨプヨ”

 

だったんです。

 

 

それが現在のスタジオのコンセプトである

 

『美クビレ·美脚づくり専門』

 

に繋がっておりました。

 

長くなりましたが…

 

こんな経緯で

 

“パーソナルトレーナー”

 

って仕事始めました。

 

 

まぁ、いろんな葛藤や挫折ありましたが

 

 

無駄なことはなかった

 

 

って今はそう思えます。

 

別府から帰る時に、人生ちょっとだけ振り返ってたら以上のような感じになりました。

 

 

以上、

私(髙橋)がパーソナルトレーナーになるまでの生い立ちでした!

 

パーソナルトレーナーになった理由    コメント:0

生卵について!

 


本日は、

『生卵』の摂取はどうなのか?

について。

 

タマゴかけご飯チョー推進派の自分ですので、

 

『卵』

 

に関してはいろいろ勉強しているところでございます!

 

 

最近読んだこの本の中の文章に

 

『生卵』摂取は控えるべき

 

的な文章がありました。

 

内容は…

生卵には“ビオチン”と言う名のビタミンB群を不溶にして吸収を妨げる“アビジン”が含んである。(ビオチンの吸収が出来なくなるということ)

そのため“生卵”は摂取を控えるべき

しかし、加熱することにより“アビジン”の特性を奪うので火を通したものを摂取するべき!

との内容。

 

 

ここで説明。

ビオチンは必須栄養素であるビタミンB群の1種。

 

不足すると主に、

ニキビやフケが出てきたり、炎症を起こしたり、うつ症状になったり

する。

さらには、

糖新生、脂質代謝、アミノ酸代謝にも関わっている。

 

アビジンは卵白に含まれるタンパク質

 

上の表現だけだと

やっぱり”生卵は摂取すべきでない!

と思うはず。

 

腑に落ちないためワタクシ、

お世話になっております“研究所”さまに質問させていただきました。

 

 

その答えは…

ビオチンの欠乏症は乾燥卵白200グラムを毎日取り続けた場合、7週間ほどで症状がみられるとの報告がある。

卵白200グラムは卵46個に相当

 

なので

 

ビオチン欠乏症にはまずなることはない!

 

とのこと。

 

 

ここで余談ですが・・・

 

ではなぜ『アビジン』なんていうものが卵白に存在しちゃうのかと言いますと、

 

そもそも鶏は我々人間に食べさせるために卵を産んでいるわけではなく、子孫を残すために産んでいるのである。

その大切な卵が細菌にやられるわけにはいかないためである。

 

細菌はビオチンがなければ、増えることが出来ない。殻から侵入した細菌は、卵黄のビオチンにありつこうとするが卵白を抜ける時にアビジンがくっついてくる。そのため、卵黄にたどり着いてもビオチンを利用できず細菌は増殖出来ないのである。

 

鶏にとってアビジンは大切な大切な武器というわけなんです。

 

 

しかしながら・・・

 

生卵の摂取に一つだけ注意すべきことを挙げると

 

日本は国土が非常に狭いため、

タマゴを生む“ニワトリ”たちが
“ギュウギュウ詰め”
で飼育されていますよね?

そうなると…
一羽が病気にかかると他の全部のニワトリたちにも感染する可能性があるわけでして…

なので、
そんなことにならないように
“抗生物質”
などを投与されることがあるそうです。
(もしかしたらタマゴに含まれる可能性もありと言うこと)

 

ですので“消化機能”が低下しているヒトがそのタマゴを摂取すると多少なりとも不具合が発生してしまうかもですね。

そう考えると“火を通してから食べる”は間違いないと思います。

 

 

 

 

まとめると…

 

タマゴはカラダに良い!は間違いないところですが、

 
カラダが弱っている場合は火を通して食べてくださいね!って感じになりますかね。

 

 

 

参考にしていただけましたら幸いでございます。

 

食事と栄養    コメント:0

下腹のポッコリを撃退するためには?

 


『下腹のポッコリが気になってしょうがないんです・・・』

 

 

なかには、

 

カラダは細い、痩せているのに下腹だけは・・・(T-T)

 

なんて方もいらっしゃいますよね?

 

 

 

 

では、なぜ下腹のポッコリが出来てしまうのでしょうか?

 

その理由とは↓

『お腹の筋肉が衰えて下腹の張りがなくなると、内臓を支える力が弱いから、それが下がってきます。

その下垂した臓器の保護のために皮下脂肪が厚みを増す。』

 

簡単に言えば、これが下腹の出てくる理由と言えます。

 

 

では『腹筋運動』だけしていれば良いのか・・・?

 

 

 

 

腹部の“たるみ”を引き起こしている原因は

 

『骨盤底筋』

 

と言われる筋肉の収縮力が低下している状態であると言えます。

 

 

 

↑これが骨盤

 

↓この『骨盤』の底のほうについている筋肉が『骨盤底筋』です。

この写真のように骨盤底筋が収縮することにより、内臓や腸を下からささえているんですよ~!

 

 

まずは、

 

この筋肉がしっかり働いていることが重要。

 

この筋肉を働かせるためのイメージは

 

・膣で水を吸い上げる

 

・肛門を閉める

 

なんて感じでやるとわかりやすいかと思います。

 

 

では次に、

 

スポーツクラブや、体育館のトレーニングルームでよく見かける

 

“バーベル”や“ダンベル”を使用した

『高重量のウエイトトレーニング』はどうなのか?について考えてみると・・・

 

 

 

(写真はイメージです)

 

 

高重量の負荷を持ち上げる時にも

 

骨盤底筋群は間違いなく働いております。

 

その使い方は、先ほど述べたような、

 

短縮性収縮(筋肉が短くなりながら力を発揮する収縮方法)

 

ではなく

 

伸張性収縮(筋肉が長くなるのに対して力を発揮する方法)

 

 

になります。

 

 

筋肉はどちらの収縮も必要不可欠であり、それぞれの働きは

 

日常生活では短縮性の収縮

 

重いものを持ち上げる時は伸張性の収縮

 

とその時の必要性に応じて使い分けることが大切です。

 

 

トレーニング経験者はお分かりかとおもいますが、高重量のウエイトトレーニングって

『お腹』

の筋肉がメチャメチャ働いております。

 

翌日『筋肉痛』を起こすことがなによりの証拠ですから(笑)

 

 

ですので、

 

高重量のウエイトトレーニングも腹筋群の強化に適しておりますので

 

下腹のポッコリ

 

の撃退には効果的であると言えます。

 

 

しかしながら、女性の『あなた』が高重量のウエイトトレーニングをやり過ぎると

 

先ほど述べた『伸張性の収縮』のように筋肉が伸びながら力を発揮するため

 

キレイなクビレ↓からはかけ離れてしまい

 

 

寸胴のたくましいウエストライン↓

が出来上がりますので注意が必要です!

 

 

少しお分かりになりましたかね?

 

 

今日のまとめ

・下腹のポッコリ撃退には『お腹』のトレーニングが必要。

・その中でも“骨盤底筋群”のトレーニングは効果的。

・高重量のウエイトトレーニングも下腹のポッコリ撃退に効果あり。

・しかしながら高重量トレーニングのやり過ぎはクビレの消失につながるので注意が必要。

 

です!

 

 

参考にしていただければと思います。

 

 

本日もありがとうございました。

 

ボディメイク    コメント:0

奥州市在住、30代女性M.C様のお客様の声

 


なんと!!!

 

お客様自ら手書きで全て書いてくれた『お客様の声』

 

 

Q1.トレーニングを始めようと思ったきっかけはなんですか?

 

『当時付き合っていた男性から元々は細身の女性が好きだったと捨てゼリフを吐かれ、見返してやるべく藁にもすがる思いでカウンセリングを受け、体験そして入会させて頂きました。ボディメイクがメインという事で表立ってダイエットは受けていないとの事でしたが悲壮感たっぷりの私の圧が強かったらしく(笑)受けて頂き今に至ります。』

 

 

 

 

Q2.トレーニングを行ってどんな良い変化がありましたか?

 

『減量を目的として通い始めたトレーニングですが、体力とともに筋肉もつき、身体にメリハリが出てきました。会う人会う人に痩せたと言われるようになり、もっと頑張ろうという気持ちになります。いつも無茶なダイエットをして反対する母が反対するどころか、健康的に痩せていくので安心できる。背中や後ろ姿までキレイになったと言われ褒められました。私としては何よりも人生で初めてお腹に線が入ってきた事に感動です。今はまだうっすらとですが縦線がもっとしっかり付くように頑張ります。』

 

 

 

 

Q3.パーソナルトレーナーをつけて良かった点はなんですか?

 

『ダイエットと言えばどうしても食事制限(炭水化物を抜く事)で様々な本、ブログ・SNSなどで擦り込まれてきましたが食事指導や効率の良い有酸素運動の仕方や色んな事を教えてくれます。普通の人と変わらない食事をしているのに痩せられると言うこ事に衝撃を覚えました。だって「食べるな」ではなく食べて良い人ですよ。いままでやってきたひもじい思いをするダイエットは何だったんでしょうか?Q2の内容と重複しますが筋トレをやりつつ食べながらのダイエットなので、テレビでよく見るような余分な肉が皮となって残ると言うこともなく、キレイに痩せる事が出来ます。』

 

 

 

 

Q4.数あるトレーニング施設の中で当スタジオを選んだ理由は何ですか?

 

『自分一人でのダイエットでも何とか4キロ程度は落とせましたが一ヶ月二ヶ月を過ぎた辺りから停滞期が始まり、限界を感じた為にこちらのスタジオに以前通っていた友人に感想を聞き、一人一人に合ったトレーニングや食事の指導を丁寧に教えてもらえると言われた事。さらにアンケートやお客様の変化、ホームページなどを見た上で問い合わせをし(カウンセリングを受けた時のトレーナーさんの雰囲気も気に入り)入会させて頂きました。とても話し易く面白い方です。』

 

 

 

Q5.これからパーソナルトレーニングを受けられる皆様に成果を出すためのアドバイスをお願いいたします。

 

『元々スポーツをやっていた方は体力に自信があるかも知れませんが、興味はあるけど動けるか心配・・・そういった方でも大丈夫です。私も思いきり後者でした。最初はキツく感じるかも知れませんが様子を見ながらトレーニングしてくれますし見捨てません(笑)それに、身体が慣れてくると動けるようになり自信が付きます。そして、頑張れば頑張った分だけ結果が出ますのでトレーナーさんを信じてください。当たり前の事ですが見た目が変われば気持ちも明るくなりますし、前向きになります。トレーナーさんとのトークも楽しいので、目標を目指してお互いに頑張りましょう。』

 

お客様の声    コメント:0