岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

負荷or負担?バーベルスクワットについて考える!!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

早速ですが、

 

キング・オブ・エクササイズって何の種目か分かりますか?

 

トレーニングが趣味のような方々はご存じかと思います。

 

答えは

 

スクワット

 

であります。

 

 

何故、キングオブエクササイズかというと・・・・

 

スクワットは、しゃがみこんで、そこから立ち上がる動作になりますが、この単純な動きが

 

人間の基本中の基本

 

であること、

 

さらに、スクワットの種目は全身の多くの筋肉が鍛えられる

 

全身運動に近い

 

運動であるからということらしいです(笑)

 

 

しかし!!!

 

SNSなどで拝見する

 

バーベルを担いだスクワット

 

その名も

 

バーベルスクワット(笑)

 

は、バーベルの重さが

 

負荷にもなりますが

 

それよりも

 

負担

 

になっているのをご存じでしょうか?

 

 

今日はこの理由を少しだけ。

 

以前、こんな記事を書きました↓

 

スクワットで膝が痛くなる方へ!

スクワットにおいて、足幅が狭い

 

“ナロースタンス”スクワット

 

はしゃがみ込みが深くなると

 

膝に負担がかかり危険!!!

 

という記事。

 

 

これにおいても、バーベルを担いだスクワットにおいて、

 

ただでさえ、ナロースタンスのスクワットはしゃがみこむと、膝に大きな負担がかかるのに

 

バーベルの重さでその負担が増長され最悪であります。

 

 

 

次に、背骨への負担。

バーベルを担ぐことによって、

 

背骨に負担がかかり、椎間板や骨事態にダメージを負ってしまいます。

↑右のイラストの“赤い”部分が椎間板です。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などを誘発しかねませんので、

 

やはり、バーベルを担いだスクワットはおすすめいたしません。

 

 

余談ですが、

 

カラダの後ろ側(お尻やモモ裏)を鍛えたいと思って、こんなスクワットもありますが・・・

 

カラダのパフォーマンスを考えると、ワタクシの考えではあまりおすすめはしませんね~

 

 

次、これ↓

 

SUPの上でやっているのはさておき、

 

人間の身体は、

 

股関節と肩関節は連動しているので、この写真ですと

 

股関節外旋

 

しかし、肩関節は内旋

 

の状態ですので、これもおすすめいたしません。

 

しゃがみこみの時に、肩関節を外旋方向に持っていければ良いと思います!!

 

 

話が脱線しました(笑)

 

バーベルスクワットの危険性を少しだけ感じていただけたでしょうか?

 

 

 

どこかのパーソナルジム、もしくはご自身でトレーニングされている方で、バーベルスクワットをやられているのであれば、

 

バーベルを使わないワイドスクワット

 

ワイドスタンス・デッドリフト

 

マシンがあればレッグプレス(フォームに気を付けて)

 

などに変更してみてはいかがでしょうか?

 

お尻を鍛えたいのであれば、自重などで十分効かせることもできますしね。

 

トレーニングは、バリエーションです。

 

 

 

まだまだスクワットについては書き足りませんが・・・

 

長くなるんので本日はこれくらいで。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!!

 

 

 

ボディメイク    コメント:0

電磁波って結構ヤバイかも!!!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

 

本日はちょっといつもと違う“角度”で。

 

 

テーマは、

 

電磁波

 

 

あなたも、なんとなくは

 

電磁波はカラダに悪いもの

 

って思ってらっしゃるかなと。

 

 

最近、パーソナルトレーナー界において最高の学び場

 

“5Sアカデミー”において電磁波について学びましたので、少しだけシェアしたいと思います。

 

 

普段、特にカラダに影響を感じない低周波の“電磁波”の人体への影響が注目されています。

 

日本では、まだ取り組みは遅れているようですが・・・・

 

欧米ではいち早く、人体への影響を考えて、

 

電磁波防護基準の法制化

 

がなされ、電磁波測定方法の規格化が進んでいるようです。

 

スウェーデンにおける調査の結果では、

 

2mG以上の磁場で、

 

小児白血病が2.1倍

小児脳腫瘍が1.5倍

 

と発表されました。

 

*mGは、電磁波の強さの表し方。磁界とは、磁気が働く空間の状態。電気的には、電流が流れている物のまわりには必ず磁界が発生している。

 

 

次に、主な電磁波を出す家電

 

・電子レンジ

・蛍光灯照明

・冷蔵庫

・電気毛布

・ホットカーペット

・こたつ

・マッサージチェア

・電気カミソリ

 

‥など

 

もちろん“スマホ”も電磁波を発していますし、コンセントの差し込みなんかも電磁波を発生しております。

 

枕元に、目覚まし時計としてスマホを置いてる方っておおいですよね???

 

 

WHO(世界保健機関)においても2007年に、

 

電磁波によって小児白血病にかかる確率が高まる

 

と発表されました。

 

 

さらに・・・

 

IRAC(国際がん研究機関)が発表した、発がんリスク一覧においては、

 

電磁波は発がん性の恐れがある

 

と記されております。

 

 

結構、こわいお話ですよね~

 

 

現代の生活の中で“電磁波”をすべてカットするのは不可能ではありますが、

 

少し意識するだけでも違ってくるのではないでしょうか?

 

 

例えば・・・・

 

枕元にスマホを置かない

 

コンセントの差し込みの方向に頭を向けて寝ない

 

照明の近くに寝ない(二階に寝ている方は、一階の照明のある上の場所に寝ないように注意が必要です)

 

エレベーターをなるべく使用しない(エレベーターから発せられる電磁波は相当なものらしいです)

 

飛行機や新幹線は窓側の席をとらない(窓側が一番電磁波が強いらしいです)

 

‥など

 

毎日のちょっとした心がけが必要だと思いますね。

 

 

そうそう・・・

ワタクシ“電磁波測定器”なるもの購入してみました。

 

いろいろ測ってみたいと思います。

 

確かに、コンセントの差し込みからは“電磁波”が結構出てましたね~

 

この文章、書いてるパソコンも同じくらいでした。

 

 

今日は電磁波について少しだけ。

 

 

ボディメイクは、健康なカラダがあってこそですからね。

 

 

今日はこれくらいで。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

 

 

健康作り    コメント:0

お客様に指導させていただく者として!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

 

この数年、著書をたくさん読ませていただいております

 

『福島正伸』先生の講座が終了いたしました。

 

こちらの講座↓

 

 

題名は

 

『究極のコンサルタント養成講座』

 

    ‐finale-

 

 

参加している方々がもの凄いメンバーで、

案の定、緊張しまくりでありましたが、とても素晴らしい学びでありました。

 

 

お客様を、より良い方向に導くという観点からも

 

パーソナルトレーナーもコンサルタント

 

であると思っております。

 

 

恥ずかしながら、以前までの私は、人(お客様)の気持ちの分からない最低なトレーナー(コンサルタント)であったと思います。

 

それを強く感じたため、

 

原田式メンタルトレーニング指導者の取得

理想の組織作りの資格取得

 

そして今回の講座の参加へと至りました。

 

この数年間は、トレーナーとしての技術はもちろんですが

 

人間としての在り方

 

を勉強させていただいております。

 

 

ですので、これからはもっともっと

 

お客様に寄り添った指導

 

をしていきたいと思います。

 

 

↓こちら『福島正伸』先生からいただいた色紙

 

『夢に翔べ!』

 

これからも、目標に向かって進んでいきたいと思います。

 

 

本日もありがとうございました!!!

 

パーソナルトレーナーとして    コメント:0

美脚作りにも!靴の選び方!!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

日本最高のトレーナー養成講座『5Sアカデミー』

のアドバンスコースの受講が始まりました。

 

トレーナー→トレーニングの指導

だけでなく、お客様のカラダのお悩みを改善するためにも、毎日が勉強です。

 

 

今日のテーマは

 

 

について。

 

二足直立歩行である人間にとって、唯一カラダの中で接している部分が足になります。

 

正しく

 

足は土台

 

と言って良いのではないでしょうか。

 

 

裸足で外を歩くわけにはいかないため(笑)

 

その土台は『靴』を履く必要があるため、

 

靴選び

 

は健康なカラダ作りのためには、スゴイ大切なパーツとなってきます。

 

 

もちろん!

 

土台が崩れると、その上の『脚』の部分にも不具合が生じるため、

 

美脚作り

 

にも『靴選び』が大切なのは言うまでもありません。

 

 

 

では『靴選び』について書いていきたいと思います。

 

まず大切なことは、購入する際、実際に履いて感覚をつかむこと。

 

最近はネットで購入が当たり前の時代になってますが・・・

 

実際に履いて選んで欲しいと思います。

 

 

時間帯は・・・・

 

午後3時くらいが良いとされていますね。

それは、人間の足だいたい朝と夕方では、0.5~1.0㎝くらい大きさに差があるらしいです。

夕方はアーチが落ちてなくなり、体液も停滞し、足が広がってしまうためであります。

また、ある程度の“疲労感”があったほうが、履き心地に敏感に反応できるようです。

 

 

両足試着をしてくださいね~

 

人によって左右でサイズ・形に差があるため、両足に試着してくださいませ!

紐の靴の場合、しっかり結んで、足の甲に伝わる感覚を確認してください。

少し動いて(しゃがむ・歩く)問題がないかも確認を。

靴すれを起こさないためにも、踵をぴったりと包む靴を選んでくださいね!!

 

 

 

選択基準はというと・・・

 

 

 

 

1.足長

 

踵の後面の最も出っ張った部分から、一番遠い“趾(足のつま先の部分)までの長さが基準となります。

足の指を動かし、自由に動くか確かめてください。

1.0~1.5㎝の余裕(捨て寸)は欲しいですね。(夕方なら1.0㎝、午前中なら1.5㎝の捨て寸は欲しいところ)

 

 

また、

 

趾骨の長さにより、人間の足は

 

・エジプト型(親指が一番長い)

・ギリシャ型(人差し指が一番長い)

・スクエア型(親指と人差し指が同じ長さで小指までがほぼ平行に並んでいる)

 

に分けられます。

 

 

エジプト型

 

日本人の70%がこのタイプ。外反母趾になりやすい。

人差し指~小指の前にスペースが出来るため、滑りやすく指先を痛めることが多い。

親指が当たりやすいため、捨て寸を考えて選んでください!

 

 

ギリシャ型

 

細い靴を履いた場合、親指側に一番余裕がある場合が多く、人差し指が圧迫され折れ曲がったまま戻らなくなる(ハンマートゥー)や魚の目ができやすいタイプになります。足幅に合った靴を選択することがポイントです。

 

 

スクエア型

 

日本人お10%がこのタイプ。高齢者や農作業される方に多く“下駄足”とも呼ばれます。

外反拇指にはなりにくいですが、薬指・小指に“巻き爪”や“魚の目”ができやすいようです。

足が幅広になりやすいため、靴の幅に注意して選んでくださいね。

全体的に丸みのあるものがおすすめです!!

 

2.ワイズ

 

JISで決められた8種類の幅、細い方から

 

A・B・C・D・E・EE・EEE・EEEE

 

があります。

昔の既製品はE幅が多かったようですが、最近はEEE幅が主流になっているようです。

しかし、日本人に一番多いのがE幅とのこと。E幅とEEE幅では太さが1.2㎝違いがあります。

 

 

足幅・・・

第1中足骨頭の内側(親指の下のちょっと膨らんだ骨)から第5中足骨外側(小指の下のちょっと膨らんだ骨)の長さ。ワイ      ズを選ぶ最初の基準になります。

 

足囲・・・

足幅を測った所と同じ部位の周径囲を測定します。(必ずしも一番厚い部位ではないので注意が必要)

これがワイズを選ぶ際の二つ目の目安。

 

 

 

3.固定

 

靴の基本はひもの靴で、踵を靴の後ろにしっかりつけ、つま先に近い前の方からきっちり締め上げます。

 

 

 

4・アーチ

 

ご自身の足のアーチの最高点と、靴のアーチクッションのトップの場所がずれていると、摩擦が加わり疲労を招きます。

 

 

5・ソール(靴底)

 

ソールに適度な柔軟性があると歩きやすく、身体に負担がかかりにくくなります。柔らか過ぎるものはかえって疲れますので、適度な硬度が必要です。

 

 

 

6.ヒール

 

ストップ動作のあるスポーツを行う場合、捻挫グセがある場合は、踵の周りが固く、しっかりとしたものを選びます。

 

 

 

7.重量

 

軽いこと=疲れない

と思われがちですが、実は逆です。ウォーキングは、振り子運動なので、軽量なものより少し重めの方が疲れにくいのです。

 

 

 

以上が、選ぶ際の基準になります。

 

書きたいことがまだまだありますが、簡単にまとめてみました。

 

カラダの土台となる足、それに装着している『靴』

 

普段、何となく購入している方は、選択基準を意識して購入してみてくださいね~

 

 

少しでも、あなたの靴選びの参考になりましたら幸いです。

 

 

 

本日はこれくらいで。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

靴選び    コメント:0

コンテスト参加者へご案内!!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

ご案内です!!

 

 

T-LABOでは、コンテストに参加する女性を応援しております!

 

そこで“女性の美”を追求するコンテストに参加される方に特別なご案内です。

 

 

コンテスト特別コース

 

1セッション 120分

 

10セッション 55,000円

 

で対応いたします。

(通常1セッション 18000円相当のところ)

 

他の参加者と被らないためにも、

 

1つのコンテストにおいて1名様のみ

 

の募集とさせていただきます。

(同じコンテストでも部門が違う場合は、1部門につき1名様まで)

 

 

 

私も少しだけ関わらせていただいたことがあり、参加者の方から

 

参加するだけで結構なお金がかかる~

 

とある意味“愚痴”を聞いておりました(笑)

 

 

 

そこで、通常の半額以下でコンテスト参加者を応援していきたいとの思いから、今回のご案内になります。

 

 

*小さい規模のコンテストから、世界大会まである大きな大会までどんなコンテストでも構いません。

 

ご希望の方は“お問い合わせフォーム”から

 

『コンテスト特別コース希望』とコンテスト大会名(あれば部門)

 

を書いてお申込みください。

 

 

何卒、ご興味ある方はお待ちしております!!!

 

コンテスト参加者特別コース    コメント:0

太くなる原因です!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

私、“足のアーチがないん”ですよ~

 

↑お客様に言われました。

 

 

まぁ、俗に言われる

 

偏平足

 

というやつですね。

 

 

今日はボディメイクにおいて“偏平足”であるがゆえのデメリットを、ちょっとだけ考えてみたいと思います。

 

では早速、足のアーチがなくなると・・・・

 

イメージするとお分かりになると思いますが、

 

膝が内側に入ってくる感じになるかと思います。

 

膝が内側に入ってくると、歩くときに

 

膝を曲げて歩かないといけなくなりますよね?

 

 

膝を曲げて歩くと・・・

 

腿の前側の筋肉である大腿四頭筋が緊張して、パンパンに張ってきます。

 

 

 

さらに、膝を曲げて歩くと

 

ふくらはぎの筋肉である“ヒラメ筋”がパンパンに張ってきて、

 

太い足首

 

の原因となります。

 

膝を曲げて歩くことにより、

 

血液やリンパ液の流れも滞り“浮腫み”にもつながります!

 

 

足のアーチがなくなることで、足底に異常に負担がかかり“足底筋膜炎”になる方も多くいらっしゃいます。

 

 

また、直接的には関係がないといわれる文献もありますが、足のアーチがない方には

 

“外反母趾”になりやすい傾向があるのかなと感じています。

 

“外反母趾”に関しては、トレーナーの指導レベルで改善は厳しいですが、

 

これ以上悪化させないためのアプローチは可能だと思います。

 

 

足のアーチを作るためには、

 

歩き方・立ち方・アーチを形成する筋肉の鍛錬

 

 

膝が内側に入らないためのアプローチは、足だけでなくカラダ全体へのアプローチも必要になってくると思います。

 

 

また、

 

ハイヒールでの歩行は、中足骨の脱臼を促すことにより、足の指を上に伸ばすことが出来なくなりアーチの消失につながります。

 

詳しくはこちらの記事から↓

ハイヒールを履くことのデメリット!

ということで、

 

足のアーチがない(偏平足)は“美脚”作りには、不具合になることが多そうですね!

 

 

今日はこんな感じで。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

ボディメイク    コメント:0

結局こうなるんだ!ってお話

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

 

急激な“食べないダイエット”はカラダを壊す!!

 

↑これ、いつもながらに思います。

 

最近、お客様からも良く聞く“華原朋美”さんのダイエットで体重25キロ減少のお話。

 

昨日、ネットに出てたんです・・・

 

こんな記事が↓

↑ネットから引用

 

 

 

他の記事を読んでみると・・・

↑ネットから引用

 

そういうことか~

 

って納得しましたね!

 

 

晩御飯が“ホタテ2つ”

 

だけとのこと。

 

 

先日のブログで、

 

ブドウ糖をしっかり摂取しましょ~

 

の記事を書きました。

 

こちら↓

白いご飯を”3食”食べよう!!

きっとこの記事読めばお分かりになると思います。

 

 

ブドウ糖は脳にとって最も大切な栄養素と言って良いでしょう!

 

それがなければ“頭痛”は起きてしまうでしょうし、

 

(頭痛→寝ろ!っていう合図→血液が脳に回るのサインかも知れませんね~)

 

その他にも、ブドウ糖は“カラダの土台”ですから、食べないといろいろな不調な起きてくると思われます。

 

 

血糖値を上げることで“インスリン”が分泌され、脳に必要なタンパク質(アミノ酸)が取り込まれます。

 

 

結局は、

 

タンパク質の食事だけではいけませ~ん!!!

 

ということ。

 

 

夜、寝ている間にカラダは修復されているので、ご飯などに含まれるブドウ糖も必ず摂取であります!!

 

 

でも、

 

体重25キロ減少は素晴らしい!

 

と思います。

 

ココロが強くなければそこまで頑張れませんよね。

 

 

せっかくだから、

 

健康的に痩せる!!

 

ことを目指して欲しいものです。

 

 

 

あっ、あと油抜きはどうなの?って聞かれますが、油も摂らないと

 

コレステロール値が上昇しちゃう

 

脂溶性のビタミンが吸収出来ない

 

などがありますので、やっぱり抜かないようすべきであります。

 

 

華原さん、歳も近いし、めちゃめちゃキレイな方なんで、頑張って欲しいです!

 

心から応援しております!!!

 

 

本日はこれくらいで。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

食事と栄養    コメント:0

睡眠にも栄養です!!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

最近『眠れない~』って仰るお客様がいらっしゃったので少しだけ

 

睡眠

 

に必要な栄養について書いていきたいと思います。

 

まずは“睡眠の流れ”について。

 

人は睡眠に入ると、最初に深い睡眠が現れ、90分~100分のサイクルでレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。

 

ノンレム睡眠とは・・・深い眠りの状態。脳は眠っている。成長ホルモンが多く分泌されて、カラダはメンテナンス(修復)をしている。

 

レム睡眠とは・・・瞼の下で“目がキョロキョロ”している、浅い眠りの状態。身体は寝ているのに脳は起きている。昼間の情報を整理している。

 

 

 

昼間に活動している時は、脳の中で必要な活動物質(アスパラギン酸・グルタミン酸)をタンパク質から作り出して消費しています。このタンパク質から作り出す過程においてビタミン・ミネラルが必要になります。

 

夜、睡眠時には活動物質が抑えられます。そして睡眠時の修復物質(グリシン・ギャバ)に作り替えられます。その時にもビタミン・ミネラルは必須になります。

 

このグリシン・ギャバが作られたら

 

脳は睡眠に入ることが出来ます!!!

 

眠るためには、タンパク質が必要。タンパク質を取り込むためには、血糖値を上げるためにブドウ糖も必要。

修復物質を作るためには、ビタミン・ミネラルが必要。

 

結局、快眠のためには

 

栄養摂取は不可欠

 

といくことになります!

 

 

そうそう・・・

 

お薬やアルコールは、脳に入ると先程出てきました修復物質の“ギャバ”の受け手にくっついて、

 

勝手に脳を抑え込むため眠くなる

 

らしく、良質な睡眠をとってるとは言い難い状態だと言えますね!

 

今日は簡単ですが“睡眠”について書いてみました。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

睡眠    コメント:0

白いご飯を”3食”食べよう!!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

 

ワタクシがいつも発信している

 

『糖質制限ダイエットは、不健康なのでやめましょう!!』

 

『ご飯はしっかり食べましょう!!』

 

の文言。

 

 

このことを簡潔にまとめた文章が、ワタクシが勉強している“研究所”さまより送られてきましたので、シェアしたいと思います。

 

 

白米の中身はブドウ糖

 

脳は成人で1時間に約5gのブドウ糖を使います。

 

食事の間隔をあけたり、白米を減らすと、ブドウ糖が不足し、

体中のタンパク質からブドウ糖が作られるため、

 

筋肉・骨もスカスカになる!

 

さらには!

脳以外にもプラスして、

 

体作りのためにもブドウ糖が必要になります。

 

 

ブドウ糖は体の土台

 

ブドウ糖は脳のガソリンだけでなく、

 

関節液・唾液・涙・・・

体中の粘液・皮膚・骨などの全身を作る材料です。

 

ブドウ糖が不足すると、ビタミン・ミネラルが働けなくなります。

 

家作りに例えるなら・・・

 

ブドウ糖やタンパク質は土台となる木材・コンクリート。

ビタミン・ミネラルは工具。

 

工具だけで土台がないと家は完成しません。

 

 

体もおんなじ!!

 

ブドウ糖・タンパク質をしっかり食べて、ビタミン・ミネラルを摂取しなけばいけません!

 

 

白米などの糖質を制限すれば、

 

体重はどんどん減少していきます!

 

脂肪も減りますが、筋肉も減少・骨もスカスカ

 

さらに

 

お肌はボロボロ

 

女性の場合、生理不順なども

 

こんな状態になってまで、あなたは痩せたいですか?

 

 

当スタジオでは、あなたの本当のお身体の状態を、先程の“研究所”さまにお願いして

 

“血液レベル”から把握することが出来ます。

 

 

“血液検査”も提携している病院にて安価で受けることが出来ます。

 

 

健康的に痩せたい!

 

ご興味ある方、お待ちしております。

 

(カウンセリングは無料で対応させていただいております)

 

 

 

本日はこれくらいで。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

食事と栄養    コメント:0

栄養をしっかり摂ったら変わったこと!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

健康的に痩せる!!

 

を目標に様々な食事方法を模索してきました。

 

食べる量が少なくても、栄養だけはしっかり摂取するのが大切。

 

 

 

 

お客様にいつも疲労感でいっぱいの方がいらっしゃいます。

そして、

 

『そんなに食べてないのに中々痩せないんです!』

 

が口癖です。

 

 

ワタクシが考えるダイエットの考え方には、

 

体脂肪を増やさないためには“脂肪”として蓄えられるものを食べない。

 

体脂肪を燃やすためには、栄養が必要。

 

ストレスが多いと過食になりがち。そしてストレス除去にも栄養が必要。

 

世の中に流通している食べ物には“添加物”やカラダにとって不健康なものが多いのも事実。

それを処分するにも栄養が必要。なるべく摂取しないようにするのが理想。

 

↑まだまだありますが“健康的に痩せる!″には絶対にやらなければいけないことがあります。

 

 

そして、それに近い方法を見つけ出しました。

(もちろん、自分でも試してみました)

 

 

具体的な方法は載せれませんが(笑)

 

 

お世話になっている【総合体力研究所】のサプリメントを使用して、

 

とりあえず7日間、先程のお客様に実践してもらいました。

(プラスでプロテインタブレットも摂取しております)

 

もちろん必要な栄養素はしっかり摂取出来ております。

 

 

実践したお客様のコメントは・・・・

 

全然お腹も空かず、ストレスもなく出来ました~

 

いつもよりぐっすり眠れました~

 

カラダもスッキリで元気ですし、

 

なんだか、いつもより気持ちも落ち着いています。

 

 

とのコメント。

 

 

食べない=痩せる✖

 

ではなく

 

しっかり栄養摂取=健康的に痩せる〇

 

を実感したようです。

 

 

そして、

 

栄養をしっかり摂取することで眠りやすくなりますし、精神的にも安定しちゃうんです!!!

(当然と言えば当然ですが・・・)

 

こんな書籍もありますよ~↓

 

 

過度のダイエットで、精神的に参っている方は是非読んでみて欲しいですね!

 

 

ダイエットはもちろん、

 

健康のため

 

そして

 

 

心の安定

 

 

のためにもしっかり栄養を摂取していただきたく思います!!

 

 

本日はこれくらいで。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

食事と栄養    コメント:0