岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

太くなる原因です!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

私、“足のアーチがないん”ですよ~

 

↑お客様に言われました。

 

 

まぁ、俗に言われる

 

偏平足

 

というやつですね。

 

 

今日はボディメイクにおいて“偏平足”であるがゆえのデメリットを、ちょっとだけ考えてみたいと思います。

 

では早速、足のアーチがなくなると・・・・

 

イメージするとお分かりになると思いますが、

 

膝が内側に入ってくる感じになるかと思います。

 

膝が内側に入ってくると、歩くときに

 

膝を曲げて歩かないといけなくなりますよね?

 

 

膝を曲げて歩くと・・・

 

腿の前側の筋肉である大腿四頭筋が緊張して、パンパンに張ってきます。

 

 

 

さらに、膝を曲げて歩くと

 

ふくらはぎの筋肉である“ヒラメ筋”がパンパンに張ってきて、

 

太い足首

 

の原因となります。

 

膝を曲げて歩くことにより、

 

血液やリンパ液の流れも滞り“浮腫み”にもつながります!

 

 

足のアーチがなくなることで、足底に異常に負担がかかり“足底筋膜炎”になる方も多くいらっしゃいます。

 

 

また、直接的には関係がないといわれる文献もありますが、足のアーチがない方には

 

“外反母趾”になりやすい傾向があるのかなと感じています。

 

“外反母趾”に関しては、トレーナーの指導レベルで改善は厳しいですが、

 

これ以上悪化させないためのアプローチは可能だと思います。

 

 

足のアーチを作るためには、

 

歩き方・立ち方・アーチを形成する筋肉の鍛錬

 

 

膝が内側に入らないためのアプローチは、足だけでなくカラダ全体へのアプローチも必要になってくると思います。

 

 

また、

 

ハイヒールでの歩行は、中足骨の脱臼を促すことにより、足の指を上に伸ばすことが出来なくなりアーチの消失につながります。

 

詳しくはこちらの記事から↓

ハイヒールを履くことのデメリット!

ということで、

 

足のアーチがない(偏平足)は“美脚”作りには、不具合になることが多そうですね!

 

 

今日はこんな感じで。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

ボディメイク    コメント:0

結局こうなるんだ!ってお話

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

 

急激な“食べないダイエット”はカラダを壊す!!

 

↑これ、いつもながらに思います。

 

最近、お客様からも良く聞く“華原朋美”さんのダイエットで体重25キロ減少のお話。

 

昨日、ネットに出てたんです・・・

 

こんな記事が↓

↑ネットから引用

 

 

 

他の記事を読んでみると・・・

↑ネットから引用

 

そういうことか~

 

って納得しましたね!

 

 

晩御飯が“ホタテ2つ”

 

だけとのこと。

 

 

先日のブログで、

 

ブドウ糖をしっかり摂取しましょ~

 

の記事を書きました。

 

こちら↓

白いご飯を”3食”食べよう!!

きっとこの記事読めばお分かりになると思います。

 

 

ブドウ糖は脳にとって最も大切な栄養素と言って良いでしょう!

 

それがなければ“頭痛”は起きてしまうでしょうし、

 

(頭痛→寝ろ!っていう合図→血液が脳に回るのサインかも知れませんね~)

 

その他にも、ブドウ糖は“カラダの土台”ですから、食べないといろいろな不調な起きてくると思われます。

 

 

血糖値を上げることで“インスリン”が分泌され、脳に必要なタンパク質(アミノ酸)が取り込まれます。

 

 

結局は、

 

タンパク質の食事だけではいけませ~ん!!!

 

ということ。

 

 

夜、寝ている間にカラダは修復されているので、ご飯などに含まれるブドウ糖も必ず摂取であります!!

 

 

でも、

 

体重25キロ減少は素晴らしい!

 

と思います。

 

ココロが強くなければそこまで頑張れませんよね。

 

 

せっかくだから、

 

健康的に痩せる!!

 

ことを目指して欲しいものです。

 

 

 

あっ、あと油抜きはどうなの?って聞かれますが、油も摂らないと

 

コレステロール値が上昇しちゃう

 

脂溶性のビタミンが吸収出来ない

 

などがありますので、やっぱり抜かないようすべきであります。

 

 

華原さん、歳も近いし、めちゃめちゃキレイな方なんで、頑張って欲しいです!

 

心から応援しております!!!

 

 

本日はこれくらいで。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

食事と栄養    コメント:0

睡眠にも栄養です!!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

最近『眠れない~』って仰るお客様がいらっしゃったので少しだけ

 

睡眠

 

に必要な栄養について書いていきたいと思います。

 

まずは“睡眠の流れ”について。

 

人は睡眠に入ると、最初に深い睡眠が現れ、90分~100分のサイクルでレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。

 

ノンレム睡眠とは・・・深い眠りの状態。脳は眠っている。成長ホルモンが多く分泌されて、カラダはメンテナンス(修復)をしている。

 

レム睡眠とは・・・瞼の下で“目がキョロキョロ”している、浅い眠りの状態。身体は寝ているのに脳は起きている。昼間の情報を整理している。

 

 

 

昼間に活動している時は、脳の中で必要な活動物質(アスパラギン酸・グルタミン酸)をタンパク質から作り出して消費しています。このタンパク質から作り出す過程においてビタミン・ミネラルが必要になります。

 

夜、睡眠時には活動物質が抑えられます。そして睡眠時の修復物質(グリシン・ギャバ)に作り替えられます。その時にもビタミン・ミネラルは必須になります。

 

このグリシン・ギャバが作られたら

 

脳は睡眠に入ることが出来ます!!!

 

眠るためには、タンパク質が必要。タンパク質を取り込むためには、血糖値を上げるためにブドウ糖も必要。

修復物質を作るためには、ビタミン・ミネラルが必要。

 

結局、快眠のためには

 

栄養摂取は不可欠

 

といくことになります!

 

 

そうそう・・・

 

お薬やアルコールは、脳に入ると先程出てきました修復物質の“ギャバ”の受け手にくっついて、

 

勝手に脳を抑え込むため眠くなる

 

らしく、良質な睡眠をとってるとは言い難い状態だと言えますね!

 

今日は簡単ですが“睡眠”について書いてみました。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

睡眠    コメント:0

白いご飯を”3食”食べよう!!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

 

ワタクシがいつも発信している

 

『糖質制限ダイエットは、不健康なのでやめましょう!!』

 

『ご飯はしっかり食べましょう!!』

 

の文言。

 

 

このことを簡潔にまとめた文章が、ワタクシが勉強している“研究所”さまより送られてきましたので、シェアしたいと思います。

 

 

白米の中身はブドウ糖

 

脳は成人で1時間に約5gのブドウ糖を使います。

 

食事の間隔をあけたり、白米を減らすと、ブドウ糖が不足し、

体中のタンパク質からブドウ糖が作られるため、

 

筋肉・骨もスカスカになる!

 

さらには!

脳以外にもプラスして、

 

体作りのためにもブドウ糖が必要になります。

 

 

ブドウ糖は体の土台

 

ブドウ糖は脳のガソリンだけでなく、

 

関節液・唾液・涙・・・

体中の粘液・皮膚・骨などの全身を作る材料です。

 

ブドウ糖が不足すると、ビタミン・ミネラルが働けなくなります。

 

家作りに例えるなら・・・

 

ブドウ糖やタンパク質は土台となる木材・コンクリート。

ビタミン・ミネラルは工具。

 

工具だけで土台がないと家は完成しません。

 

 

体もおんなじ!!

 

ブドウ糖・タンパク質をしっかり食べて、ビタミン・ミネラルを摂取しなけばいけません!

 

 

白米などの糖質を制限すれば、

 

体重はどんどん減少していきます!

 

脂肪も減りますが、筋肉も減少・骨もスカスカ

 

さらに

 

お肌はボロボロ

 

女性の場合、生理不順なども

 

こんな状態になってまで、あなたは痩せたいですか?

 

 

当スタジオでは、あなたの本当のお身体の状態を、先程の“研究所”さまにお願いして

 

“血液レベル”から把握することが出来ます。

 

 

“血液検査”も提携している病院にて安価で受けることが出来ます。

 

 

健康的に痩せたい!

 

ご興味ある方、お待ちしております。

 

(カウンセリングは無料で対応させていただいております)

 

 

 

本日はこれくらいで。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

食事と栄養    コメント:0

栄養をしっかり摂ったら変わったこと!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

健康的に痩せる!!

 

を目標に様々な食事方法を模索してきました。

 

食べる量が少なくても、栄養だけはしっかり摂取するのが大切。

 

 

 

 

お客様にいつも疲労感でいっぱいの方がいらっしゃいます。

そして、

 

『そんなに食べてないのに中々痩せないんです!』

 

が口癖です。

 

 

ワタクシが考えるダイエットの考え方には、

 

体脂肪を増やさないためには“脂肪”として蓄えられるものを食べない。

 

体脂肪を燃やすためには、栄養が必要。

 

ストレスが多いと過食になりがち。そしてストレス除去にも栄養が必要。

 

世の中に流通している食べ物には“添加物”やカラダにとって不健康なものが多いのも事実。

それを処分するにも栄養が必要。なるべく摂取しないようにするのが理想。

 

↑まだまだありますが“健康的に痩せる!″には絶対にやらなければいけないことがあります。

 

 

そして、それに近い方法を見つけ出しました。

(もちろん、自分でも試してみました)

 

 

具体的な方法は載せれませんが(笑)

 

 

お世話になっている【総合体力研究所】のサプリメントを使用して、

 

とりあえず7日間、先程のお客様に実践してもらいました。

(プラスでプロテインタブレットも摂取しております)

 

もちろん必要な栄養素はしっかり摂取出来ております。

 

 

実践したお客様のコメントは・・・・

 

全然お腹も空かず、ストレスもなく出来ました~

 

いつもよりぐっすり眠れました~

 

カラダもスッキリで元気ですし、

 

なんだか、いつもより気持ちも落ち着いています。

 

 

とのコメント。

 

 

食べない=痩せる✖

 

ではなく

 

しっかり栄養摂取=健康的に痩せる〇

 

を実感したようです。

 

 

そして、

 

栄養をしっかり摂取することで眠りやすくなりますし、精神的にも安定しちゃうんです!!!

(当然と言えば当然ですが・・・)

 

こんな書籍もありますよ~↓

 

 

過度のダイエットで、精神的に参っている方は是非読んでみて欲しいですね!

 

 

ダイエットはもちろん、

 

健康のため

 

そして

 

 

心の安定

 

 

のためにもしっかり栄養を摂取していただきたく思います!!

 

 

本日はこれくらいで。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

食事と栄養    コメント:0

ガンガン鍛えるメソッド!!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

 

【デニムが似合う美脚作り】

 

↑興味あったので、申し込みしてみました。

 

普段は、

 

ボディメイクは骨格ラインから整える!!

 

をテーマに指導させていただいておりますが、

 

今回のセミナーの内容は

 

ガッツリ鍛える!

 

とにかく鍛える!!

 

ヒーヒー言いながら鍛える!!!

 

のとにかく“鍛える”の内容。

 

 

早速、トレーニングに取り入れております。

 

まぁ、みんなヒーヒー言っておりますが(笑)

 

 

 

主に、タバタトレーニング(HIIT)にて行っております。

 

*タバタトレーニングとは?

20秒間の“強い運動”と、10秒間の“休息”を1ラウンドとして、それを8ラウンド繰り返すもの。

重要なのは、1ラウンド目から8ラウンド目前を通して、20秒間をずっと最大心拍数に近いレベルで休みなく動き続けること。

 

 

これまでは、ボクササイズ中心だったタバタトレーニングですが、最近はこちらのメニューを取り入れてみました。

 

タバタトレーニングと言えば、

 

タバタタイマー

↑テンション上がるように、こちらも購入してみました!!

 

 

辛いけど、飽きのこないように

 

楽しいトレーニング

 

も目指して指導させていただいておりました~

 

 

 

今日は、簡単に。

 

トレーニングのご紹介でした!!

 

 

もちろん、効果は絶大です!!!

 

ボディメイク    コメント:0

健康的に痩せる!(短期実践編)

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

健康的に痩せる!!!

 

↑これは永遠のテーマであります。

 

当スタジオでは『ファスティング』の指導も可能ではございますが、

 

ファスティングには大きな問題があり・・・

 

普段、栄養不足の人はやっちゃいけない!

 

さらに、血管に問題を起こす可能性もあり!

 

ということで、

 

 

健康的に身体をデトックス

 

 

ダイエット

 

が出来る方法はないか?

 

と考えた結果、ワタクシなりに“ある方法”が見つかりました!

 

この方法は、

 

栄養はいつも以上にしっかり摂る!

もちろん糖質もしっかり摂る!!

 

しかし

 

内臓は休めることが出来る!

 

添加物の摂取も抑えられる!

 

最終的に

 

ダイエット効果も期待できる!!!

 

という優れものであります。

 

 

うちのお客様(40歳女性)が5日間実践した結果・・・

 

結果はこちら↓

見事に!

 

体重も体脂肪も減少しました~

 

 

実践した感想を聞いてみると?

 

めちゃくちゃ元気でした~

 

そして

 

朝の目覚めも良い!

 

のお答え。

 

 

しかも!

 

ワタクシの主観ではありますが、

 

お肌もキレイ

 

になっているではありませんか!!!

 

お肌は糖質制限なんかしたらボロボロになってしまいますからね!

 

 

そういえば、あるお客様が病院の先生に糖質制限を進められたとか・・・

 

なんだかな~

 

って思いますね。

 

 

 

また、数名のお客様が実践いたしますので、結果を楽しみにしててくださいね。

 

 

この“やり方”は健康的でおススメです!

 

 

ご興味のある方、お待ちしておりますね。

 

 

 

本日も、ありがとうございました!

 

 

 

食事と栄養    コメント:0

筋トレをお休みすると、本当に筋肉は減ってしまうのか???

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

 

日本トレーニング指導者協会

 

より今月も会報が届きました~

 

その中に興味深い内容がございましたので、皆様とシェアしていきたいと思います!!!

 

 

早速、表題である

 

『筋トレ休んだら、筋肉は減ってしまうのか?』

 

でありますが、

 

 

トレーニング未経験の若年男性を、

 

継続群

 

(24週間、週に3回のベンチプレス、強度は75%1RM10回×3セット)

 

 

休止群

 

(6週間トレーニング→3週間の完全休止→6週間のトレーニング→3週間の完全休止→6週間のトレーニング、内容は継続群と同様)

 

に分けて実験したところ・・・・

 

 

実験結果はこちら↓

↑会報から引用

 

休止群において3週間の休止により、10%の筋横断面積の減少はありましたが、24週間後は

 

 

継続群も休止群もほぼ同様の結果

 

 

でありました~

 

 

これは、なかなか面白い結果と思いますね!!

 

 

 

この原因は、まだまだ不明なようですが、

 

トレーニング刺激の馴れ

 

により

 

休んだ後、感受性が再上昇

 

したと考えられます。

 

 

また、

 

“筋メモリー”

 

一度増加した筋繊維核数は、トレーニング休止により筋繊維が委縮してしまっても長期間維持されるため、筋繊維のサイズは早期のうちに回復される。

 

による関与かも知れません。

 

*文章がなんか難しくてごめんなさい。

 

 

 

この結果を上手く使うと、

 

スポーツ選手のスキル実践の時間確保

 

一般のお客様が何らかの理由でトレーニングをお休みしなければならない時

 

などに応用が出来るのかもしれませんね!

 

 

 

本日はこれくらいで。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!!

 

 

ボディメイク    コメント:0

強烈なあの痛みは・・・

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

先日のトレーニングの時、お客様が

 

ぎっくり腰

 

になったと仰って、とても辛そうな状態でありました。

 

話は少しズレますが・・・

 

ワタクシ、最近

 

『脳』について勉強しておりました。

 

めちゃくちゃ難しいけど、めちゃくちゃ楽しい!

 

が勉強していての感想です。

 

 

勉強の内容にあったんですが、

 

慢性痛→原因がはっきりしないものが多い

 

 

痛みにも“恒常性”(ホメオスタシス)があり、慢性的な痛みは何らかの治療(アプローチ)で一時的に改善しても、戻る場合が多い

 

とのこと。

 

*ホメオスタシス(生体恒常性)とは、私たちが、身体の外から受ける環境や内部の変化にかかわらず、身体の状態(体温・血糖・免疫)を一定に保つことを言います。 ホメオスタシスを維持することは、身体の呼吸・循環・排泄・食物摂取の機能が正常でなければなりません。

 

 

 

なんだか難しい表現になっちゃいましたが、簡単に言うと

 

長く続いている痛みは、治りづらい

 

ってことですかね。

 

 

ってことを踏まえると・・・

 

急性的な痛みは、早めの対応をすれば改善も早い

 

ってことなんだと考察します。

 

 

 

先程の“ぎっくり腰”のお客様ですと、

前日に痛めたとのことでしたので、早めに対応したことで改善し、その後は元気に活動されたとのことでした。

 

 

そもそも“ぎっくり腰”は、MRIなどの画像所見上

 

腱や靭帯などの組織損傷は全く起こってないことが多いそうです。

 

(中には内臓などからくる症状もあるそうなので、注意が必要ではありますが)

 

 

 

 

そう考えると、頭の中で

 

『これ以上動かしたら痛い!』

 

が先行して、動けなくなっているわけで

 

逆に、先程の内容も加味すると

 

 

早めに動かした方が改善が早い

 

 

のかなと。

 

 

そのあとは、

 

また“ぎっくり腰”にならないためにも、

 

トレーニングや運動して、姿勢保持なり腰回りの筋肉を鍛えましょ!

 

ってことになりますかね。

 

 

 

トレーニングは、痛みの予防にも良いですよ~

 

ってことでした。

 

その代わり!

 

痛みがある方はもしものことを考えて、

 

病院の先生に一度診ていただき、許可を得てからトレーニングしましょうね!

 

 

 

本日はこれくらいで!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ボディメイク    コメント:0

生理の時のあの痛み!!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

 

女性のお悩みの一つと言えば

 

生理痛

 

 

生理の時の頭痛

 

が挙げられるかと思います。

 

 

本日は、その“お悩み”の解決法を

 

栄養摂取

 

から見ていきたいと思います!

 

 

まずは『頭痛』

 

女性は生理前に“妊娠”の準備のためにたくさんのものをカラダにため込みます。

 

その中でも

 

“ナトリウム”

 

は妊娠するとたくさん必要になってくるので腎臓でため込み尿から出さないようにします。

(普段は入りすぎたナトリウムは、尿から排出します)

 

ナトリウムの摂取と言えば“塩分”から摂取が通常多いかと思います。

 

 

塩分を摂りすぎると・・・

 

喉が渇き、水分摂取量が増加

血液が薄まる

それを正しい濃度(濃さ)に戻さなければいけない

血管の周囲の細胞が水分を吸い上げる

浮腫みが起きる

脳にまで水分が入ってくる(脳浮腫)

脳の周りの血管や神経を圧迫

頭痛が起きる

 

のメカニズムが起きてきます。

 

これに対応するために、

 

生理の10日前くらいから塩分のキツイ物を控えていくことが大切になります。

 

 

次に、『生理痛』

 

生理で剥がれた、子宮内膜の部分を外に排出するためには、子宮の筋肉が収縮や弛緩を繰り返すことが大切です。

 

子宮内膜の部分には“痛覚”があり、痛みを感じるのですが、子宮内膜や子宮筋層に傷や異常があった場合に生じます。

 

生理痛の種類はこの2つ

 

・子宮の粘膜の破壊

・腫瘍や消化系・膀胱系の異常

 

によって収縮運動がうまく出来ない場合に起こります。

 

子宮の収縮運動を正しく起こさせるためには、

 

収縮(カルシウム)

 

弛緩(マグネシウム)

 

が必要になります。

 

このどちらもないとダメで、筋肉が収縮しっぱなしだと(マグネシウムが足りないと)

 

血行が悪く、痛み物質が出てきてしまいます。

 

 

生理痛にはカルシウムとマグネシウム

 

が必要になりますね!!

 

この2つの栄養素はなかなか普段の食事から必要量が摂取できないので、

 

サプリメント

 

を上手く使用することをおススメいたします。

 

 

以上、簡単ですが

 

『生理』の時のお悩み解消法

 

をメカニズムから解説してみました。

 

(総合体力研究所文献を参考)

 

 

生理痛でお悩みのあなたのお役に少しでも立ちましたら幸いです。

 

 

本日はこれくらいで!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

 

食事と栄養    コメント:0