岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

ハイヒールを履くことのデメリット!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

女性の見た目の美しさを引き出すアイテムと言えば

 

ハイヒール

 

が思い浮かぶ方も多いと思います。

 

 

最近、何人かのお客様より

 

ハイヒールを履くってどうなんですか?

 

って聞かれましたので、今日は

 

 

ハイヒールを履くことのデメリットについて!

 

書いていきたいと思います!

 

 

まずは、ハイヒールを履くメリットとして

 

足首が細く見える

 

お尻が上がって見える

 

ウエストのクビレが強調される

 

などがあげられます。

 

 

しかしながら、この効果はハイヒールという履物の構造から出来上がるものであり、

 

結局は,

鍛え上げた筋肉があるからヒップアップするわけではないため、脱いだ途端に効果は消えてしまうということになります。

 

 

さらに、深くみていきたいと思います。

 

ハイヒールを履くことで、足の骨にある

 

中足骨(特に第二中足骨)が浮いてきやすい状態になります。

 

一番細長い骨が『中足骨』になります。

 

中足骨が浮いてくるとどうなるかと言いますと、

 

足指が上に伸びない(伸展できない)

 

状態になります。

 

 

足指が伸展できないとどうなるかと言いますと、

 

足のアーチが保てない!

(偏平足になりやすい)

 

ことになります。

 

偏平足になるとどうなるかと言いますと、

 

足が内側に沈み込み、つま先が外を向く

 

いわゆる

 

膝が内側、つま先は外側のknee‐in・toe -out

 

の出来上がりとなり、

 

脚の障害の原因となってしまいます!

 

 

膝が内側・つま先は外側の状態になると、

 

歩行時に大股で歩くことが難しくなるため、

 

お尻の筋肉(大殿筋)を使って着地できないため結局は

 

お尻が垂れてくる!

 

の悪循環が生まれる可能性があります!

 

まとめます!

 

ハイヒールを履くデメリットは?

 

中足骨が浮く

足指が伸展できない

足のアーチが保てない

偏平足になる

膝が内側・つま先外側の状態

脚の障害が起きやすい状態になる

歩行時、お尻の筋肉が使えない

お尻が垂れる

 

な感じです。

 

 

 

TPOによって、ハイヒールをどうしても履かなければいけない時もあると思いますので、全否定ではもちろんありません。

 

カラダのラインが綺麗に見えるのは間違いないですしね!

 

 

ただ、無理して履いてると以上のようなデメリットも起きやすいですよ~ってことで。

 

 

 

本日はこれくらいで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

ボディメイク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: