岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

卵って素晴らしい!

 


『卵は一日一個まで!』

 

『卵を食べるとコレステロール値が上がるから危険!』

 

 

そんなお話を誰しも一度は聞いたことがあるはずです。

 

 

 

ちなみに・・・・

 

ワタクシ(髙橋)は、一日に平均して6~8個、多いときには一日10個の卵を食べております。

かれこれ、2年近くそんな食生活を続けておりますね(笑)

 

 

そんなに食べて大丈夫なのか??

 

 

そんな疑問を持たれる方も多いとは思いますが・・・

 

ノープロブレム

 

 

全く問題ありません!

 

 

というか、今の食生活に変える以前よりも

 

元気になっている感満載

 

でございます。

 

 

そんな卵愛好者でありますワタクシが最近読んだこの書籍↓

 

ちょっと大げさ過ぎる表現ともとれますが・・・

 

非常に共感ならびに納得する内容でございました。

 

 

 

そもそも卵って・・・

 

繊維質とビタミンCを除いた全ての栄養素を含んだ完全栄養食品なんです!

 

よーく考えてみれば・・・

 

一つの卵から一つの生命体であるヒナが生まれて来るのですから、栄養がたっぷり入っているのも納得ですよね?

 

 

 

そんな

 

スーパーフード

 

である卵が悪者であるはずないではありませんか?

 

 

ではここで、なぜ卵が悪者として扱われることになったのか???

 

 

それは1913年に行われたある実験が発端とされております。

 

卵にはコレステロールが豊富に入っております。

 

しかしながら世の中では

コレステロール=悪者とされることが多いですよね。

 

ではなぜコレステロールが悪者になってしまったのか?

 

 

1913年に行われた実験において、ウサギにコレステロールを大量に投与したところ

 

『動脈硬化』

 

が起こったとのこと(しかも腐って酸化したものらしいです)

 

 

 

しかしながら・・・

 

ウサギは

 

『草食動物』

 

であります。

 

そもそも、

 

ウサギは肉類や魚類は食べないのですから。

 

 

でもって、

 

ウサギとは違う消化機能をもった人間にも当てはめて

 

コレステロールは悪者!

 

そして、

そんなコレステロールが豊富に入っている

 

卵は控えるべき!

 

の理論ができたそうです。

 

 

めちゃくちゃですよね?

 

 

 

さらに言えば、

 

コレステロールを食べ物で摂取する量は、

 

全体の”三分の一”くらいで、

 

そのほか”三分の二”は肝臓で作られるとのことですから。

 

 

 

簡単な説明ですが、

 

 

卵をたくさん食べる→コレステロール値が上がる→動脈硬化の危険性が高い

 

 

の考えは少し違うことがご理解いただけましたかね?

 

 

 

もっと詳しい内容は、トレーニング時にいろいろ聞いてくださいね!

 

 

ワタクシも、もっともっと勉強して”あなた”のお役に立てますように頑張ります!

 

 

 

簡単ですがこれくらいで!

 

 

 

時間がないけど

『しっかり栄養は摂りたい!』

 

そんな時は↓

 

『卵かけご飯』

 

 

メチャメチャおすすめです!

 

あとは

 

ビタミンCはサプリメントで

 

ですね。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事と栄養    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: