岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

足のアーチからみた膝のねじれについて考えてみる!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

ワタクシが所属しているトレーナーの“マニアック”集団のコミュニティ内で膝のことについて投稿があったので、今日は皆様にシェア出来たらと思います。

 

 

当スタジオは『美脚』作りをコンセプトに上げているのでそちらの観点からもみて行きたいと思います。

 

 

 

まずは皆様

 

『足のアーチ』は存在してますか?

 

もしかしたら下の写真のように足が内側に傾いて『扁平足』になってませんか?

ではこの↑のような足の状態が

『膝』に及ぼす影響を考えてみましょう!

 

↑一応、足の骨格模型

(ぐじゃぐじゃなのは靱帯ですね)

 

 

↑足のアーチがなくなるのを骨でみるとこんな感じです。

 

なんとなく想像がつくかと思いますが、足が内側に倒れ込むと膝も内側に入り込みます。

 

こんな感じに↓

 

よく言われる『ニーイン・トゥーアウト」(膝が内側・つま先が外側っていう状態)

 

まぁこの時点で『美脚』からはかけ離れて言っちゃいますね・・・

 

 

膝が内側に入ると膝の内側にある靱帯(内側側副靱帯)に過剰なストレスがかかり

 

膝の内側の痛み

 

また

 

膝の前側の靱帯(前十字靱帯)にも負担がかかり

 

さらには

 

可動域も減少します。

 

 

結局、

 

足のアーチがなくなることで『膝』に結構な不具合が生じてしまうんですね。

 

ただ『膝』の不具合は股関節が原因で起きることもありますので、足関節・股関節どちらもアプローチが必要と考えます。

 

そう考えると『足のアーチがない』のは『股関節が原因』も大いにあり得る話かなと・・・

 

 

一つだけ言えるのは

 

膝が痛いという患者さんの膝に電気をあてるだけの整骨院的な“治療”に意味があるのかは疑問だらけではありますね。

(実際、学生時代ワタクシもそんな治療をうけました)

 

 

 

 

まとめとして・・・

 

足のアーチがなくなると

 

・美脚から遠ざかる

・膝の痛みの原因にもなる

・可動域が狭くなりパフォーマンスが下がる

 

などが起きる可能性があるんです!

 

 

 

 

今日はこれくらいにしておきます。

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

ボディメイク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: