岩手県 パーソナルトレーニング 美脚・クビレ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

“歩く”ことがボディメイクに!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

健常者の方々が一日の中で呼吸の次に行っているものって何でしょう?

 

 

多くの方は

 

 

歩く

 

 

という動作かなと思います。

 

 

この『歩く』という動作、めちゃくちゃ大切です。

 

そして勘違いしがちです。

 

実は・・・・

 

歩くって本来

 

余計な筋肉は使わない運動

 

であります。

 

 

 

間違った歩き方で多いのが

 

膝を曲げて歩く

 

というもの。

 

 

ボディメイク的な観点から見てみますと・・・・

 

膝が曲がった状態は、太ももも前側がバリバリに張ってきます!

(立ったまま膝を曲げて太ももの前を触ったらパンパンに張っているのが分かります。腿の前が張っている方は要注意!)

 

 

更に、膝を曲げた状態で歩くと

 

 

大股で歩くことが出来なくなります。

 

 

大股で歩くことが出来なくなると

 

床からの力を、お尻で受けることが出来なくなります。

 

ということは、

 

お尻が使えない→お尻がダルダルになる原因に

 

 

痛みの観点から見ると・・・・

大股で歩けない(小股になる)ことで、

 

前に進む推進力が低下して、余計な筋肉を使わなければなくなります。

(筋肉が少なくなるお年寄りが、筋肉を余計に使ってしまうという・・・)

 

推進力がなくなるため、膝などの関節にかかる負担が増えてしまい余計に痛くなる悪循環も。

 

姿勢の観点から見ると・・・

 

猫背などの不良姿勢で歩くことで重心が低くなるため、上から下へのエネルギーが働かずに前に進まなくなります。

 

 

筋力不足で体幹の安定性がなくなると、安定感を求めて足と足の間を広げて歩くことになると

 

膝の内側に負担がかかり、痛みが発生します。

 

 

いろいろ書きましたが、

 

誤った歩く動作は、

 

キレイなカラダからかけ離れる

 

とともに

 

痛みが生じる・悪化する

 

のダブルが襲い掛かってきます。

 

 

 

当スタジオでは

 

歩き方の指導もいたします。

 

 

ウォーキングマシンもありますので、みっちりできますよ!

 

 

ワタクシが思うに、

 

ヒップスラストでお尻鍛えるより

 

正しい歩き方で歩いたほうが

 

キレイなお尻

 

が作れそうな気がしますけどね!

(ヒップスラストは、お尻の筋肉の可動域が狭い上に鼠径部の圧迫が強いので危険ですのでおすすめしません!)

 

本日は

 

『歩く』

 

ということについて書いてみました。

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

ボディメイク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: