岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

間違ったダイエットの結果・・・

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

先日、知人の女性から聞いたショッキングなお話。

 

 

過度の食事制限をしたせいで、

 

甲状腺を摘出

 

してしまったというお話。

 

甲状腺とは?

のどぼとけの下にある蝶のような形をした臓器。

甲状腺ホルモンを分泌しています。

 

甲状腺ホルモンは、カラダ全体の代謝を促進する働きがあります。

 

代謝とは?

生体内で行われる化学反応の総称。体内の化学反応によって物質が変化すること。

 

 

その女性、その時はかなり体重が落ちたとのこと。

 

しかし・・・

甲状腺の疾患は、免疫の異常で起こってきます。

本来の人間の免疫システムは、菌やウイルスを見つけると、免疫の軍隊がミサイルを打って攻撃し、敵をやっつけて体を守ります。

 

しっかり栄養を摂って健康な人は、自分自身を絶対に攻撃しませんが、何らかの原因で免疫の軍隊がくるってしまうと、甲状腺に対して攻撃してしまいます。

 

その結果、勝手にホルモンを作りすぎたり、逆にホルモンが作れなくなったりします。

 

 

話しを戻します。

 

過度の食事制限、そして栄養不足により間違いなく体重は減少します。

 

しかしながら、この女性のように大切な甲状腺の病気になり、結局は甲状腺自体を摘出することになりかねません。

 

甲状腺を摘出することにより、一生お薬で対応していかなければいけなくなります。

 

さらに言えば、

 

甲状腺摘出→エネルギーがつくれない→脂肪が燃えない

 

ということになり

 

痩せるために頑張った結果、

 

痩せにくいカラダ

 

になってしまうという・・・

 

 

これでは絶対にいけませんよね。

 

 

過度なダイエット、特に白米を食べない糖質制限などはこんな悲劇が待ち構えているかもしれません。

 

 

それでも、あなたは朝ごはん抜きや糖質制限を選びますか??

 

 

最後に少しだけ補足を。

 

甲状腺ホルモンを作るためには『チロシン』が必要です(前駆体は必須アミノ酸のフェニルアラニン)

 

これに海藻などに含まれる『ヨウ素』を乗せたものが甲状腺ホルモンです。

 

甲状腺で多く作られるのが

T4(サイロキシン)ですが、働きが弱く

T3(トリヨードサイロ二ン)の方が4~6倍働きます。

 

そのためT4のヨウ素を一つ切り離してT3にするのですが、この役割に必要な栄養素が『セレン』です。

 

 

 

小難しいお話になっちゃいましたが、結局何が言いたいかと言いますと

 

 

脂肪燃焼(代謝)には栄養素が必要だということ!

 

 

ただ『食事を制限』をしているだけでは決して

 

健康的なダイエット

 

になりません。

 

なので、しっかり三食の食事は摂取しましょうね!

 

足りない栄養素はサプリメントで補いましょう!!

 

 

 

本日はこれくらいで。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

食事と栄養    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: