糖質制限ダイエットの弊害!

『動けるカラダ研究所』代表の髙橋礎(タク)です。

先日、お客様が“カラダの痛み”を訴えてきました。

トレーナーや治療家など、カラダに関わるお仕事をされている方は

痛みの原因を探し当てて、それに対して何らかの施術を行うことになると思います。

*我々は医療従事者ではないので直接“治す”などの言葉は使いません。

そのお客様も、施術後は痛みが改善されました。

痛みの原因・・・

何となく考えていたら、思い出したことがあります。

関節液は白米などに含まれているブドウ糖でつくられている!

ということ。

関節液とは・・・関節において、関節包内層の滑膜から分泌され、関節包を満たしている液体であり、潤滑機能を有するとともに、軟骨の栄養源である。滑液ともいう。

 

厳密に言えば“プロテオグリカン”という結合組織が、関節液の材料ということになりますが、

プロテオグリカンが、ブドウ糖+タンパク質でつくられています。

プロテオ→プロテイン(タンパク質) グリカン→グリコーゲン(ブドウ糖)

 

ということは?

白米などのブドウ糖をしっかり摂取しないと、関節の潤滑油である関節液が作られず、

関節の動きが悪くなる→痛み

につながる可能性があるといくことになりますね~

 

補足ですが、

女性であれば、これも気になるところでしょう!

プロテオグリカンが作れないと、皮膚はカサカサになっちゃいます。

 

ブドウ糖をカットする糖質制限ダイエットは、

関節の痛み

カサカサお肌

を作ってしまう可能性があるというわけです。

 

それでもあなたは、

糖質制限ダイエットしちゃいますか??

 

 

 

プロフィール

髙橋 礎プロフィール

T-LABO代表兼パーソナルトレーナー
髙橋 礎(タク)

⇒ 詳しくはこちら

お問い合わせフォーム

当スタジオのコンセプトをご理解いただき、トレーニングに興味を持っていただいた方は今すぐご連絡を(担当高橋まで)

お問い合わせ

今月の予定

4月18日(木)

4月21日(日)

研修参加のためお休みいたします。

毎週金曜日が定休日となります!!

 

最近の記事

PAGE TOP