岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

某エステサロン様にて・・・緩めるだけではいけません!

 


『骨盤調整』

 

または、

 

『骨盤矯正』

 

この“言葉”に心動かされる女性も多いですよね。

 

ある岩手県内の某エステサロンさまのSNSの投稿で

 

『骨盤調整』で美尻に!

 

さらに

 

ウエストも“美しいクビレ”が出現!

 

みたいなのを見つけました。

 

更には、

 

『鍛える』

 

だけではいけません!のフレーズも。
(ここでは“鍛える”=“トレーニング”と捉えさせていただきます)

 

 

カラダを変える!

 

ってそんな単純なものではないと思ったので

 

『骨盤調整』に興味がある“あなた”は参考にしていただけましたらと思います。

 

 

どうやらそのエステサロンさまは、

 

骨盤調整→腰、お尻、脚を緩めて整える

 

固まった筋肉を緩めることが美尻の秘訣!

 

みたいに宣伝しておりました。

 

では、

本当に緩めるだけで『美尻』が出来るのか??

 

 

プリッとしたお尻を作るためには、
股関節周辺にある筋肉へのアプローチは必須になります。

↑股間節周辺にある上のような筋肉群に対してのアプローチは必須です!

 

 

確かに凝り固まったお尻周りの筋肉は緩めることも必要かもしれません。

 

しかしながら『股関節』は他の関節と違う特性があり

 

“中”は関節を安定させる

 

“外”は関節の動きをつける

 

と異なった2つの働きが必要です。

 


(上の写真のように股関節は形成されています)

 

その某エステサロン様が訴えているような

 

ただ緩めるだけでは、

 

“だるんだるん”のお尻にしかならず

 

プリッと上がった美尻にはなりません!

 

 

さらに後ろに下がった骨盤を起こすことで、

その瞬間はお尻が上がったように

見えるかもしれませんが、

 

時間が経てば骨盤の位置は間違いなく元の状態に戻ります。

 

 

ですので、

骨盤を調整してその周りの筋肉を緩めるだけでは

 

“美尻”

 

 

は絶対に出来上がりません!! 

 

 

さらにその某エステサロンさま曰く、

広がって寝そべった骨盤が内側にキュッと立ち上がるから

 

ウエストにキレイなクビレが現れる!

 

とのこと。

 

 

人間は、

 

二足直立歩行

 

の生き物であります。

寝そべった骨盤(骨盤が後ろに下がった状態のことだと思いますが)の場合、

バランスをとるために

 

骨盤は後ろへ→肩と首は前に

 

行くことになります。(↓この写真の女性のように)

 

この状態の場合、

 

上部肋骨は閉じてしまい

逆に下部肋骨は広がってしまいます。
(下の図の右側の女性の状態)

 

そこで『骨盤調整』によって骨盤を起こし(前傾させ)ます。

↑写真はイメージです。

 

骨盤前傾→肩が開く

ことで上部肋骨が広がり下部肋骨は閉じる
(上の図の左側の女性の状態)

結果、

 

ウエストラインにはキレイなクビレが出現!

 

と簡単にはいきません(笑)

 

 

この場合においても、

支える筋肉(骨盤周りさらにお腹周り)を鍛えなければ、間違いなく元の位置に戻るでしょう。

 

もう一つ付け加えるならば、

骨盤をおこしても、胸部の背骨(胸椎)の部分にしっかりとした可動がなければ

代償動作として、腰部の背骨(腰椎)の部分で身体を反って起こすため

肋骨が広がりキレイなクビレが出来ないどころか、

 

『腰痛』

 

を引き起こすことも考えられます。

 

 

と言う訳でまとめますと、

 

『骨盤調整』

 

または

 

『骨盤矯正』

 

をする

 

更には筋肉を緩める

だけでは
 
“美尻”や“美クビレ”は作れません!!

 

“人間のカラダ”ってそんな単純じゃありませんよね(笑)

 

 

更に言えば、

『骨盤が歪む』

ってことにも少し言及したいと思いますが、
長くなるんでやめときます(笑)

 

長々と書いてみましたが、結局何が言いたいのか?と言いますと、

 

キレイなカラダを作るのに

 

一回だけの施術

 

または

 

一回だけのトレーニングでは無理!

 

ってことなんですよ!

 

 

ご理解いただけましたでしょうか?

 

ボディメイク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: