膝を曲げて歩く原因とは?

T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

 

前回の記事で

 

ハイヒールを履くデメリットについて書いてみました。

 

記事はこちら↓

ハイヒールを履くことのデメリット!

 

 

こちらの記事の文中にも記載しましたが、お尻を使って歩くことができる

 

すなわち、

 

膝を伸ばして歩くことができる→ヒップアップにつながる

 

と捉えていただければと思います。

 

 

では、本日は

 

膝を曲げて歩いてしまう原因

 

について少し書いていきたいと思います。

 

 

人間は、脚をまっすぐにした時(膝をまっすぐに伸ばした時)

 

太もも(大腿)は内旋

 

膝から下の部分(下腿)は外旋

 

するようになっております。

 

↓こちらの女性の”脚”もそんな感じですよね。

 

 

 

ということは・・・

 

膝を伸ばして歩くためには

 

股関節の内旋の可動域が出ないといけない!

 

ということであります。

 

言い換えれば、立った時に

 

股関節が内旋できなければ、

 

下腿が外旋してしまいます!

 

 

しかしこれは”止まっているとき”の場合。

 

歩く動作になると、

 

足は地面についているため、股関節の内旋ができないからといって、急に下腿を外旋することはできません!

 

そうなると、

 

脚をまっすぐにして(膝を伸ばして)歩くことが出来なくなります!

 

 

 

 

さらに言えば、

 

膝を伸ばさない状態で歩行すると

 

膝痛の原因

 

にもなります。

 

 

歩く動作は、

 

踵からついて、つま先で蹴る

 

が通常であるため、その推進力で前にどんどん進んでいきますが

膝が曲がった状態では、

 

一歩一歩進むたびに膝に荷重がかかることになり

さらに膝を痛める!

 

の悪循環が発生してしまいます。

 

 

 

 

話が脱線してしまいました!

 

 

今日のまとめ!

 

膝を伸ばして歩けない場合は、

 

 

股関節の内旋可動域が出てない場合がある!

 

 

ということで、

 

お尻が垂れてきてしょうがない!!

 

という方は、股関節の内旋可動域を見てみてくださいね!

 

 

 

今日はこれくらいで。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

プロフィール

髙橋 礎プロフィール

T-LABO代表兼パーソナルトレーナー
髙橋 礎(タク)

⇒ 詳しくはこちら

お問い合わせフォーム

当スタジオのコンセプトをご理解いただき、トレーニングに興味を持っていただいた方は今すぐご連絡を(担当高橋まで)

お問い合わせ

今月の予定

5月15・29日

マシンピラティスセミナー参加(札幌にて)

最近の記事

PAGE TOP