岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

ベンチプレスとパフォーマンス

 


こんばんは!

 

T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

ウエイトトレーニングの王道“BIG3”と呼ばれる種目の一つである

 

ベンチプレス

 

特に男性のトレーニーはカッコイイ“分厚い胸板”に憧れて、この種目を行っている方が多いですよね。

 

では今日は“ベンチプレス”と“パフォーマンス”について考えてみたいと思います。

 

ベンチプレスのターゲットとなる筋肉は“大胸筋”です。

 

↑胸が盛り上がって見える筋肉が大胸筋。

 

しかし、この大胸筋をつけすぎると・・・

 

歩行動作の際、大きくなった大胸筋は動作の邪魔となっちゃうんです。

 

 

 

邪魔をすると言うことをちょっとだけ説明しますと・・・

 

体幹の重心と、腕の重心の距離が離れてしまうと言うこと。

 

腕と体幹(身体)の位置が離れてしまうと、実際やってみるとお分かりになると思いますが

 

腕を振る動作に合わせる歩行が非常にやりずらくなりますよね?

 

逆に、脇を締めて歩く(腕と体幹を近づける)と歩きやすいのが分かると思います。

 

 

次に“ベンチプレス”という動作をみても

 

腰部は過度に前傾になりやすくお腹のチカラが抜けやすくなり、さらには胸部は後ろへ下がります。

 

↑立った状態でこの状況を考えると、身体が前に進むのがとてもツライ格好ではありませんか?

 

 

 

結論として・・・

 

ベンチプレスのやり過ぎは『歩行』動作の妨げになるかも知れませんよ!

 

ってことです。

 

 

しかしながら『ボディメイク』でカッコ良い“大胸筋”をつけるためには『あり』ですし、猫背の方で大胸筋が働かずにその姿勢になっている場合も『あり』かなと思います。

 

また“ベンチプレス”と同様の?トレーニングである

 

『腕立て伏せ』

 

は先程説明した“腰部の過度の前傾”や“胸部の後傾”を軽減しさらに腹筋へのアプローチを促すので、

パフォーマンスアップにはこちらの種目の方が良いのかなと思われます。

 

 

覚えていて欲しいのは、

 

ボディメイクとパフォーマンスアップに繋がるトレーニングは必ずしも一致しないということですね!

 

とりあえず参考までに。

 

 

最後までお読みくださいましてありがとうございました!

 

ボディメイク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: