岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

ふくらはぎと足首の太さについて考えてみた!

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

今日は、

 

足首の太さ

 

をふくらはぎの筋肉と関節の使い方から考えてみます。

 

 

キレイな足首を作るためには・・・?

 

 

ふくらはぎの筋肉が関わっております。

 

 

ふくらはぎの筋肉はこんな感じについています↓

 

 

 

 

主にふくらはぎの筋肉は2つに分かれます。

 

一つは表側についている『腓腹筋』

 

一つは腓腹筋に覆われている『ヒラメ筋』

 

でもって、

 

足首を太く見せるのは比較的ふくらはぎの下側に付いている『ヒラメ筋』と言われております。

 

 

上の図からお分かりになりますが、

 

『腓腹筋』は膝の関節をまたいでおりますから

 

膝が伸びた状態でつま先立ち

 

の時に働きます。

 

逆に、

『ヒラメ筋』は膝が曲がった状態でつま先立ちの時に働きます。

 

 

この『膝が曲がった状態』が今回のポイント。

 

例えば『スクワット』などの動作をして起き上がった時

 

股関節が伸びきらない!

 

方が多く見られますが、

 

そのような方は通常時の『歩く』と言う動作の時も

 

股関節が伸びきらず、状態を後方に倒しながら後ろ脚を前にだして歩いています。

 

その瞬間、必ず前の脚は膝が曲がります。

 

↑お年寄りの方などはその傾向が強い方が多いですね。

 

階段をのぼる際なんかもおんなじです。

(階段は前の脚を伸ばすことで後ろ脚がスムーズに前に出てきますね)

 

少し脱線しました。

 

先ほど述べたように、

 

膝が曲がった状態は『ヒラメ筋』を過剰に使用する。

 

その結果『足首』が太くなる。

 

膝が曲がる状態は歩行時などに

 

股関節が伸びきらないことにも原因がある。

 

まとめるとこんな感じですかね。

 

 

膝を曲げた状態で歩くと、膝にさらに負担がかかります。

 

ここらへんはまたいつか文章にいたしますね。

 

 

足首の太さにお悩みの『あなた』

 

普段の歩き方、気をつけてみてくださいね!

 

 

本日はこれくらいで。

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

ボディメイク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: