岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

コレステロールの真実!

 


こんにちは!

T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です!

 

 

早速ですが、あなたは

 

コレステロールについてどうお考えですか?

 

また、

 

卵はコレステロール値が上がるので食べちゃいけない!

 

とお考えですか?

 

 

 

いつも勉強させていただいている『研究所』さまから、また興味深い内容の文章をいただきました。

 

卵を食べてコレステロール値が高くなる!

 

なんてことは”ほとんどありえない!”ことについて説明いたします。

 

ちょっと、小難しい?お話なんで忙しい方はスルーしてくださいね(笑)

 

では、いきます!

 

人間の体内のコレステロールの分布(体重70キロの方)

 

脳神経系・・・・・・32.2グラム

結合組織・・・・・・31.3グラム

筋肉・・・・・・・・30グラム

皮膚・・・・・・・・16グラム

血中・・・・・・・・10.5グラム

骨髄・・・・・・・・7.5グラム

肝臓・・・・・・・・5.1グラム

心臓・肺・腎臓・脾臓・3.9グラム

消化管・・・・・・・3.8グラム

 

計・・・・・・・・・・約140グラム(体重70キロの約0.2%)

 

卵1個分のコレステロールの量は約250mg(0.25グラム)

 

 

体重70キロ(コレステロール量140グラム)→卵が約560個

体重50キロ(体重の0.2%なんで100グラム)→卵が約400個

 

 

血中コレステロール値:上限220mg/dℓ→2200mg/ℓ

 

人間の体内の血液量は約5リットル(ℓ)

 

2200mg÷250mg→血液1ℓ当たりのコレステロール値が上限値になる卵の数は約9個分

 

人間の血液量は5ℓなんで

9×5=卵45個分

 

 

以上の計算から見ても

 

卵を食べても大丈夫!!

 

って思いませんか?

 

また、

食事からの摂取で足りないコレステロールはは、体内で合成されています。

 

コレステロールの一日の必要量は約1~1.5グラムとされています。

 

ですので、研究所では、1日の卵の摂取量を4個推奨されているようです。

 

 

 

コレステロールって、身体にとってすごい大事なものであります。

 

 

さらに卵は、必須アミノ酸がバランスよく揃っている(アミノ酸スコア100なんて言いますね!)

 

とても良い食品であります。

 

 

タンパク質摂取のためにも、積極的に摂取していきたいですね。

 

 

 

今日は、コレステロール・卵の摂取についてシェアいたしました。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

食事と栄養    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: