岩手県 パーソナルトレーニング お腹痩せ

岩手県初ボディメイク専門加圧トレーニングスタジオ「T-LABO」

身体の能力をあげるには?トレッドミル(ランニングマシーン)で考えてみた・・

 


T-LABO.パーソナルトレーナーの髙橋礎(タク)です。

 

 

今日のテーマ

 

『人間の動作はさまざまな感覚を得て脳で統合することでパフォーマンスがアップする!』

 

↑ちょっと難しいテーマになります。

 

 

当スタジオでは“歩き方”の改善のためにトレッドミル(ランニングマシーン)を使用することがございます。

↑こんな感じにです。

 

しかしながら、

 

このランニングマシーン上でトレーニングするだけでパフォーマンスが上がるのか?

 

と問われれば、残念ながら答えは

 

“NO”

 

となります。

 

 

先程述べたようにパフォーマンスをアップさせる為には感覚を統合することが大切。

 

その感覚とは?

(歩くという動作からみると)

 

・視覚(景色が変わるなどの感覚)

 

・前庭覚(身体の傾きや頭が前に動いている、加速を感じるなどの感覚)

 

・体性感覚(足の裏の皮膚などから感じる“歩いている”“動いている”などという感覚)

 

の3つが上げられると思います。

 

 

そして、『歩く』という能力を上げるためにも

 

視覚・前庭覚・体性感覚の3つを統合することが必要!

 

であります。

 

 

そうなると、トレッドミル(ランニングマシーン)だけでのトレーニングを考えてみると・・・

 

目で見える景色は変わらないため視覚の部分が欠如するので

 

それだけではパフォーマンスアップには繋がらない!

 

と言うことになります。

 

 

 

結論として・・・

 

あくまでスタジオでのトレッドミル(ランニングマシーン)の歩行運動は『脚の運び方・足の着き方』を覚えて頂くものと捉えて

 

実際のパフォーマンスアップには普段の生活の中の歩行で3つの感覚を統合することが大切かなと。

 

 

*実際の指導現場でなかなか結果がでないことがあり、今回いろいろ勉強するなかで私なりに答えを導きだしました。

 

 

 

この考えは『歩く』だけでなくどの動作にも当てはまることだと思います。

 

パフォーマンスアップの際に参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

 

そう考えると・・・

 

マッサージなどで“受けて側”が横に寝そべっているだけで“施術側”がどんなに動かして可動域を広げたとしても

 

根本的な解決にはならない!

 

と言うことになるかと。

(補助的に動きを助けるのはありですね)

 

 

 

感覚入力は自ら自覚し、自ら入力することが非常に大切です!

 

 

 

今日はこれくらいで。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ボディメイク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: